小宅女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小宅女王(おやけじょおう、生没年不明)は、奈良時代皇族。父は三原王、母は不明。兄弟に和気王などがいる。小家女王とも。伊勢斎宮

天平勝宝元年(749年)9月6日に斎王(斎宮)に卜定され、翌年(750年)に伊勢へ群行した。2年後の(752年)の7月10日に父の三原王が亡くなったため、わずか3年で退下した。都へ戻ってからは前斎宮として優雅に暮らしたとされるが、すでに父という後ろ盾を失くしていたことで、当時の政治的混乱に巻き込まれなかったことがその理由と考えられる。

血縁[編集]