簡子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

簡子内親王(かんしないしんのう、? - 延喜14年4月10日914年5月7日))は平安時代前期の皇女。光孝天皇の親王時代に第二王女として誕生、母は班子女王宇多天皇と同腹。

貞観19年(877年)正月3日陽成天皇の即位式に際し褰帳の女王を務め、従四位下に叙せられた。寛平3年(891年)12月29日忠子綏子為子ら同母の姉妹三人とともに内親王宣下。延喜14年(914年)4月10日薨去[1]

脚注[編集]

  1. ^ 貞信公記抄』

参考資料[編集]