斉子内親王 (醍醐天皇皇女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斉子内親王(せいし(ただこ/きよこ)ないしんのう、延喜21年(921年) - 承平6年5月11日936年6月2日))は、平安時代中期の皇族済子とも表記する。醍醐天皇皇女。母は女御源和子。同母兄弟に常明親王式明親王有明親王慶子内親王韶子内親王がいる。朱雀天皇朝の伊勢斎宮(但し、伊勢への群行はない)。

承平6年(936年)3月の異母姉・雅子内親王の退下により、16歳で斎宮に卜定されるが、同年5月11日に薨去。恐らく初斎院入りもなかったと見られる。これにより、姪の徽子女王(後の斎宮女御)が9月に後任として卜定された。

参考文献[編集]