穆子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穆子内親王

続柄 光孝天皇第七皇女
全名 穆子(ぼくし/むつこ)
出生 不明
死去 延喜3年12月5日903年12月26日
父親 光孝天皇
母親 正躬王
役職 賀茂斎院
テンプレートを表示

穆子内親王(ぼくし(むつこ)ないしんのう、生年不詳 - 延喜3年12月5日903年12月26日))は、平安時代前期の皇族光孝天皇第7皇女。母は正躬王陽成・光孝天皇朝の賀茂斎院

元慶6年(882年)4月9日、敦子内親王の退下をうけて斎院に卜定。同8年(884年)4月9日、父光孝天皇即位により、姉妹の伊勢斎宮繁子内親王と共に内親王宣下仁和元年(885年)4月10日、紫野院入り。同3年(887年)8月26日、光孝天皇の崩御により退下。延喜3年(903年)12月5日薨去

参考文献[編集]