是貞親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

是貞親王(これさだしんのう、生年不詳 - 延喜3年7月25日903年8月20日))は、平安時代前期の皇族光孝天皇の第二皇子。母は班子女王。子に源直幹がいる。官位は三品・大宰帥

経歴[編集]

当初三世王として是貞王を名乗っていたが、貞観12年(870年2月14日に兄・是忠王や異母兄弟とともに源姓を賜与され臣籍降下し、源 是貞を名乗る。父・光孝天皇が即位した直後の元慶8年(884年4月13日に二世源氏から一世源氏に改められて、左京一条に貫せられた。この時、同母弟・定省王(のち宇多天皇)及び同母妹3名も臣籍降下している。

寛平3年(891年)既に即位していた宇多天皇の同母兄弟に対する皇族復帰が決定されたことにより、光孝天皇の第二皇子として四品親王に叙された。その後、左近衛中将大宰帥を歴任し三品親王に至った。

新撰万葉集』の編纂に先立って宇多天皇より託されて、その元となる『是貞親王家歌合』の撰定を行っている。