佐藤謙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 謙三(さとう けんぞう、1910年11月 - 1975年1月25日)は、国文学者國學院大學元学長。神奈川県横浜市出身。

来歴[編集]

横浜第二中学校國學院大學予科を経て、1933年に國學院大學国文科を卒業し、同大学国文研究室助手、1935年予科講師、1945年予科教授、1946年学部教授。1964年から文学部長、1970年から学長を歴任。この間、1961年には「平安時代文学の研究」で文学博士の学位を授与される。

1973年より病のため入院治療にあたったが、1975年、学長在職中に死亡。主要な業績は、没後30年たって刊行された『佐藤謙三著作集』全5巻 <角川学芸出版>に収録されている。、また角川書店で「古語辞典」を複数編纂した。

著書[編集]

  • 『平安時代文学の研究』 角川書店、1960年
  • 『王朝文学前後』 角川書店、1969年
  • 『佐藤謙三著作集』全5巻 角川学芸出版、2005年
角川文庫版の「平家物語」、「今昔物語集」、「大鏡」他、多くの古典校注に携わる。