佐佐木行忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐佐木 行忠(ささき ゆきただ、1893年7月26日 - 1975年8月10日)は、日本華族侯爵貴族院議員。神社本庁統理や神宮大宮司國學院大學理事長・学長を務めるなど神職界で中心的な働きをした。

来歴[編集]

1893年、東京府(現・東京都)に生まれる。1914年、学習院高等科を卒業して京都帝国大学法科大学政経科に進み、1917年、東京帝国大学文科大学に転入学。在学中の1918年に貴族院議員となり、以後は国政に専念、1937年と1944年には貴族院副議長も務めた。1946年4月25日、貴族院議員を辞職[1]

1934年から皇典講究所所長、1942年から國學院大學学長を務め、戦後は皇典講究所を解散して國學院の学長・理事長に就任したが公職追放。1946年に神社本庁顧問、1951年に伊勢神宮大宮司、1959年に神社本庁統理を務めた。1959年からは國學院大學の理事長・学長に復帰した。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

祖父は佐佐木高行。父は佐佐木高美。妻・米子は元宮内省大膳頭・上野季三郎の四女[4][5]。行忠・米子夫妻の長男・行美は東京大学理学部の教授を務め[4]住友財閥の16代目当主・住友吉左衛門友成の長女と結婚した[4]。長女・美枝子は串田孫一の妻、串田和美の母[6]。行忠の義兄に服部金太郎の長男で服部時計店の2代目社長を務めた服部玄三と加藤高明の次男で東明火災海上保険(現・日新火災海上保険)の取締役を務めた加藤厚太郎[脚注 1]、義弟に團琢磨の長男で九州朝日放送会長を務めた團伊能がいる[脚注 2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 玄三の妻・英子は上野の次女であり[4]、厚太郎の妻・冨美子は上野の三女である[4][7][8][9]
  2. ^ 伊能の妻・美智子は上野の五女である[4]

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第5797号、昭和21年5月15日。
  2. ^ 『官報』第1219号「叙任及辞令」1916年8月22日。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  4. ^ a b c d e f 『門閥』、449-451頁。
  5. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、427頁。
  6. ^ 『人事興信録』1995「串田孫一」の項。
  7. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、258頁。
  8. ^ 『大正人名辞典 III 上巻』、カ - 5頁。
  9. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』、26頁。

参考文献[編集]