名村泰蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名村泰蔵

名村 泰蔵(なむら たいぞう、天保11年11月1日1840年11月24日) - 明治40年(1907年9月6日[1])は、日本の検事判事貴族院勅選議員

経歴[編集]

長崎出身。北村元次郎と名乗っていたが、名村家に養子に入り、泰蔵と改めた。名村家は代々阿蘭陀通詞を継承した家柄であったため、オランダ語を学び、さらに英語ドイツ語フランス語も学んだ。1867年慶応2年)、パリ万国博覧会に派遣された徳川昭武に随行した。

1869年(明治2年)、仏学局助教に任命され、1872年(明治5年)には司法省に入り理事官となった。司法省のヨーロッパ視察団の一員となったが、このときギュスターヴ・エミール・ボアソナードの知遇を得、ボアソナード招聘に尽力した。その後、翻訳課長、治罪法草案審査委員などを歴任し、1880年(明治13年)には太政官少書記官を兼任した。

1881年(明治14年)、司法権大書記官となり、参事院院外議官補に任命された。翌年、司法大書記官に昇進した。1886年(明治19年)、大審院検事長に就任。1892年(明治25年)には大審院長心得に任命され、翌年まで務めた。

1894年(明治27年)1月23日、貴族院議員に勅選された[2]。また東京築地活版製造所の社長も務めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7260号、明治40年9月9日
  2. ^ 『官報』第3169号、明治27年1月24日。
  3. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  4. ^ 『官報』第1027号「叙任」1886年12月1日。
  5. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  6. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

参考文献[編集]

  • 『大礼記念 長崎県人物伝』 長崎県教育会、1919年


先代:
児島惟謙
大審院長
心得:1892年 - 1893年
次代:
三好退蔵