松平直之 (伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平直之

松平 直之(まつだいら なおゆき、文久元年7月27日1861年9月1日) - 昭和7年(1932年4月11日)は、明治・大正期の華族伯爵)・貴族院議員。直基系越前松平家第14代当主。

生涯[編集]

文久元年(1861年)7月、後に上野前橋藩初代藩主(直基系越前松平家11代当主)となる松平直克の長男として生まれる。幼名は恒之丞。

明治2年(1869年)、直克は養子の直方に家督を譲り、明治16年(1883年)に直方は基則(直基系越前松平家9代・松平典則の三男)に家督を譲っている。

直之は、牧野貞直常陸笠間藩主)の娘・富美を娶っていたが、明治24年(1891年)に先立たれている。基則の姉・八重を娶って明治40年(1907年)に家督を相続し、伯爵を襲爵した。明治44年(1911年)7月から大正9年(1920年)3月まで貴族院議員(伯爵議員)も務めた。

家族・系譜[編集]

家族[編集]

父母
  • 実父:松平直克(直基系越前松平家11代当主)
    直克の実父は久留米藩主有馬頼徳
  • 義父:松平基則(直基系越前松平家13代当主)
    基則の実父は松平典則(直基系越前松平家9代当主)
配偶者
  • 妻:牧野富美(? - 1891年、牧野貞直長女)
  • 妻:松平八重(1873年 - 1937年、松平典則七女)
    先代当主・基則の姉にあたる。
子女

『平成新修旧華族家系大成』は2男2女を載せる。

系譜[編集]

江戸時代後期以後近代までの直基系越前松平家の継承関係を、実系で示せば以下の通り。

 
松平斉典8
 
松平典則9
 
松平基則13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川斉昭
 
松平直侯10
 
 
松平八重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有馬頼徳
 
松平直克11
 
松平直之14
 
松平直冨15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前田利聲
 
松平直方12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 数字は直基系越前松平家の代数を示す。
  • 点線は婚姻関係を示す。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』霞会館、1996年
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史』大蔵省印刷局、1962年


日本の爵位
先代:
松平基則
伯爵
前橋松平家第2代
1907年 - 1932年
次代:
松平直冨