寺島誠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
寺島誠一郎

寺島 誠一郎(てらしま せいいちろう、1870年10月3日(明治3年9月9日)- 1929年昭和4年)5月18日[1])は、日本の政治家華族貴族院伯爵議員

経歴[編集]

鹿児島県出身[2]寺島宗則の長男として生まれる[2][3]学習院を修了後[4]1887年アメリカ合衆国へ留学[3]。父・宗則の死去に伴い、1893年6月26日、家督を相続し伯爵を襲爵[1][5]1895年ペンシルベニア大学政治経済科を卒業[3][4]。その後フランスへ留学し、1899年、パリ法科大学、1902年パリ政治学院外交科をそれぞれ卒業した[3][4]

1904年以降、外務省嘱託、外務大臣秘書官、臨時博覧会評議員、軍需評議会評議員、鉄道会議議員、商工審議会委員などを歴任[4]。その他、台湾拓殖製茶取締役会長、薩摩製糸取締役、三井信託監査役、華族会館幹事などを務めた[3]

1906年8月、貴族院伯爵議員に選出され、研究会に所属し死去するまで在任した[4]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 妻 寺島きやう(三井高辰の二女)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』下巻、123頁。
  2. ^ a b 『日本人名大事典』第4巻、341頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録』第8版、テ9頁。
  4. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』27頁。
  5. ^ 『官報』第2997号、明治26年6月27日。
  6. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  8. ^ 『官報』第1299号「叙任及辞令」1916年11月30日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本人名大事典』第4巻、平凡社、1979年(『新撰大人名辞典』(昭和12年刊)の改題複製)。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。


日本の爵位
先代:
寺島宗則
伯爵
寺島(宗則)家第2代
1893年 - 1929年
次代:
寺島宗従