小笠原長幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小笠原長幹

小笠原 長幹(おがさわら ながよし、1885年明治18年)3月2日 - 1935年昭和10年)2月9日)は最後の小倉藩小笠原忠忱の長男。伯爵。

弟に長丕小笠原貞孚養子)、妹に津軽英麿正室、百子(尚昌室)。妻は阿部正桓の長女・貞子。子に明子(多久龍三郎室)、春枝(久松定武室)、忠春忠幸(長丕養子)、日英忠統、鞠子(伊達興宗室)。

1897年(明治30年)3月、家督を相続する。学習院大学卒業後、イギリスケンブリッジ大学に留学。帰国後に式部官、1918年大正7年)貴族院議員となる。1920年(大正9年)に陸軍省参事官、1922年(大正11年)に国勢院総裁、その後行政制度審議会委員などを歴任する。東京浅草の海禅寺に葬られたが、のちに多磨霊園に改葬。

1927年(昭和2年)、小倉藩下屋敷に建てられたスペイン風の邸宅(小笠原伯爵邸新宿区河田町)は、東京都選定歴史的建造物第66号に指定され、2002年平成14年)6月、民間によって修復され、結婚披露宴も行われるレストランとして利用されている。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  2. ^ 『官報』第93号「叙任及辞令」1927年4月23日。
日本の爵位
先代:
小笠原忠忱
伯爵
小倉小笠原家第2代
1897年 - 1935年
次代:
小笠原忠春