本田親雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本田 親雄(ほんだ ちかお、文政12年9月6日1829年10月3日) - 明治42年(1909年3月1日)は、幕末から明治時代にかけての武士官僚薩摩藩藩士

略歴[編集]

本田弥右衛門の長男として生まれる。京都留守居役兼横目をつとめ、1862年文久2年)の寺田屋事件のときには負傷者を救護した。戊辰戦争では海・陸軍参謀。維新前国事に尽力し、のち元老院大書記官、元老院議官を歴任する。

1887年(明治20年)5月24日に後勲功により男爵従二位勲一等を賜る。1890年(明治23年)7月、貴族院男爵議員となり、1907年(明治40年)10月11日に辞職[1]錦鶏間祗候等を経て、1907年9月21日枢密顧問官になり[2]1909年(明治42年)まで顧問官であった。1909年3月1日に危篤となった際、正二位に叙し勲一等旭日大綬章を授与されが、その日のうちに死去。81歳。通称は弥右衛門。墓所は青山霊園にある。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7289号、明治40年10月14日。
  2. ^ 『官報』第7272号、明治40年9月23日。
  3. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  6. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、508頁。

参考文献[編集]

  • 柴田和夫「国立公文書館所蔵元老院関係資料について」『北の丸』第6号(昭和51年3月刊行)。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。