浅田徳則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅田徳則

浅田 徳則(あさだ とくのり、1848年11月21日嘉永元年10月26日) - 1933年3月30日)は、日本の官僚外交官政治家貴族院議員幼名は泰治。[要出典]

経歴[編集]

京都出身。浅田金吾の長男として生まれる。慶応4年5月1868年6-7月)、久美浜県書記として出仕し、同県権大属、生野県准大属を歴任。明治4年9月1871年10-11月)、大蔵省に移り戸籍権中属に任じられ、戸籍寮九等出仕、国債寮八等出仕などとなる。

1874年9月、外務省に移り外務一等書記生として米国公使館勤務となる。以後、外務省公信局長心得、取調局長、公信局長、通商局長、兼会計局長、弁理公使などを歴任した。

1889年12月、神奈川県知事に任命され、さらに、長野県新潟県広島県の各知事などを歴任した。

1900年6月、外務省総務長官次官)兼官房長に就任。1901年6月には逓信総務長官となり1903年9月まで在任。同年同月23日、貴族院勅撰議員となり[1]同和会に属し死去するまで在任。1903年11月9日、錦鶏間祗候に任じられた[2]後に実業界に転身し東京電力などの社長を務めた。[要出典]

栄典・受章・受賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章等佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6071号、明治36年9月25日。
  2. ^ 『官報』第6108号、明治36年11月10日。
  3. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。
  4. ^ 『官報』第3491号「叙任及辞令」1895年2月21日。
  5. ^ 『官報』第5013号「叙任及辞令」1900年3月22日。
  6. ^ 『官報』第6101号「叙任及辞令」1903年10月31日。
  7. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  8. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  9. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  10. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第3068号「敍任及辞令・二」1937年3月27日。
  13. ^ 『官報』第2471号「叙任及辞令」1891年9月22日。

参考文献[編集]