山内豊景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山内豊景

山内 豊景(やまうち とよかげ、1875年明治8年)9月9日 - 1957年昭和32年)1月5日)は、日本の華族陸軍軍人侯爵。最終階級は陸軍少佐

略歴[編集]

1875年(明治8年)9月9日、山内豊範侯爵の長子として誕生する。1886年(明治19年)9月、父の死去により襲爵。フランスに留学。

1899年(明治32年)11月、陸軍士官学校(11期)を卒業。1900年(明治33年)6月に陸軍歩兵少尉任官、のち陸軍少佐にまで昇進する。日露戦争に従軍し功を立てる。

1900年(明治33年)8月、満25歳に達し貴族院侯爵議員に就任し[1]1946年(昭和21年)5月8日[2]まで在職した。1901年(明治34年)、伏見宮貞愛親王の長女禎子と結婚する。1911年(明治44年)1月20日、麝香間祗候となる[3]

山内豊静の次男山内豊秋を養子とする。

1957年(昭和32年)、高知市横浜の私邸で没す。81歳。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

備考[編集]

本邸は東京代々木に構えたが、大磯上総一宮別荘を構えた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5143号、明治33年8月23日。
  2. ^ 『官報』第5803号、昭和21年5月22日。
  3. ^ 『官報』第8273号、明治44年1月21日。
  4. ^ 『官報』第4198号「叙任及辞令」1897年7月1日。
  5. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  6. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。
  7. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第3698号「彙報 - 藍綬褒章下賜」1924年12月18日。
  10. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  11. ^ 『官報』第2099号「彙報 - 褒章」1933年12月29日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。
  13. ^ 『官報』第3700号「彙報 - 褒章」1939年5月10日。
  14. ^ 『官報』第7775号「叙任及辞令」1909年5月28日。
  15. ^ a b c d e 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年9月21日。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
山内豊範
侯爵
(高知)山内家第2代
1886年 - 1947年
次代:
華族制度廃止