松平頼寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平頼寿

松平 賴壽(まつだいら よりなが、明治7年(1874年12月10日 - 昭和19年(1944年9月13日)は、明治から昭和にかけての華族伯爵)。旧高松藩主松平頼聰の八男。母は正妻千代子井伊直弼次女)。妻は徳川昭武(旧水戸藩主)の娘昭子。第10・11代貴族院議長、第8・10代大東文化学院総長などを歴任した。

経歴[編集]

学習院高等科から大隈重信に傾倒し、東京専門学校(現・早稲田大学)邦語法律科卒業後、明治41年(1908年)に貴族院議員に列して以来、一時中断(明治44年 - 大正3年、1911年 - 1914年)を挟んで30年以上にわたって議員を務めた。会派は扶桑会甲寅倶楽部研究会

また、教育者としても活動し、本郷学園旧制本郷中学校(現・本郷中学校・高等学校)を設立、文武両道のエリート教育を目指す。本郷区教育長も務める。

昭和11年(1936年)の日本競馬会発足に際しては初代理事長を務め、日本の競馬発展に寄与した人物でもあった。

昭和8年(1933年)、貴族院の正副議長は公爵侯爵が就任するという慣例を破って副議長に就任し、4年後には議長の近衛文麿内閣総理大臣就任に伴い、議長に昇格する。第8・10代大東文化学院総長を務めた。議長在任中に死去し、勲一等旭日大綬章に叙せられ、貴族院葬が行われた。

盆栽趣味[編集]

盆栽を趣味としていて、熱烈な愛好家として知られていた。昭和9年(1934年)に国風盆栽会(現・日本盆栽協会の前身団体のひとつ)を設立し初代会長に就任。日本で最も歴史のある盆栽の品評会である国風盆栽展(国風展)の設立と開催に寄与した人物でもある。また盆栽の中でも小鉢の品を集めて棚飾りの妙を演出する小品盆栽という境地を開いた先駆者であることでも知られている。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7899号「叙任及辞令」1909年10月21日。
  2. ^ 『官報』第3533号「叙任及辞令」1924年6月4日。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  4. ^ 『官報』第93号「叙任及辞令」1927年4月23日。


日本の爵位
先代:
松平頼聰
伯爵
(高松)松平家第2代
1903年 - 1944年
次代:
松平頼明
議会
先代:
近衛文麿
日本の旗 貴族院議長
第10・11代:1937年 - 1944年
次代:
徳川圀順
学職
先代:
加藤政之助
鵜澤總明
大東文化学院総長
第8代 : 1938年 - 1940年
第10代 : 1943年 - 1943年
次代:
鵜澤總明
酒井忠正