松平頼覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼覚(まつだいら よりあき、文化4年4月21日1807年5月28日) - 慶応3年12月2日1867年12月27日))は、讃岐高松藩の藩主一門、松平大膳家第6代。通称は大膳。号は芝岳。父は5代松平頼格。子は松平頼利松平頼纉坊城俊章室。

天保7年(1836年)、家督を相続した。文久3年(1863年)、藩主松平頼聰の名代として上京して京都警備の任に就く。元治元年(1864年)6月に上京、7月の禁門の変の際に仙洞御所を守衛する。同年11月、第一次長州征討に出陣する。元治元年(1864年)、藩政相談役となり1000石の加増を受ける。慶応3年(1867年)没。家督は嫡男の頼利が相続した。娘は藩主頼聰の養女として公家坊城俊章に嫁いでいる。

参考文献[編集]

  • 香川県ミュージアム所蔵「松平大膳家御系譜」