松平大膳家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平大膳家(まつだいらだいぜんけ)は、江戸時代水戸徳川家御連枝の一つである高松藩主家(高松松平家)の一門。初代藩主松平頼重の孫頼煕(頼重の六男頼芳の子)を祖とする。代々の当主は志摩、大膳などの通称を名乗った。頼煕の長男の松平頼桓は、頼煕の後見を受けて4代藩主に就いた。また、頼煕の家督は頼桓の弟である頼珍、次いで頼央が継いだが、この2人は相次いで徳島藩蜂須賀家に養子入りしている(8代藩主宗鎮・9代藩主至央)。彼ら3人の代で高松藩では頼煕の血筋は絶え(徳島藩では藩主一門の家系として残った)、藩主には水戸家の別の御連枝である守山藩主松平家から松平頼恭が迎えられ、その五男の頼昌が大膳家を継いだ。以後、藩主家・大膳家とも頼恭の血筋で続いた(藩主は幕末には水戸本家から養子を迎えている)。

2002年に、高松市丸の内にある大膳家の中屋敷跡と上屋敷跡で発掘調査が行われた。

歴代当主[編集]

  1. 松平頼煕(よりひろ) ※4代藩主松平頼桓の父
  2. 松平頼珍(よりよし) - 頼煕の次男 ⇒ 徳島藩主蜂須賀宗鎮
  3. 松平頼央(よりひさ) - 頼煕の三男 ⇒ 徳島藩主蜂須賀至央
  4. 松平頼昌(よりあつ) - 5代藩主松平頼恭守山松平家出身)の五男
  5. 松平頼格(よりさだ) - 頼恭の七男松平頼裕の息子
  6. 松平頼覚(よりあき) - 頼格の息子
  7. 松平頼利(よりとし) - 頼覚の嫡男
  8. 松平頼纉(よりつぐ) - 頼覚の三男

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川頼房
[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼重
(1)
 
徳川光圀
[2]
 
松平頼元
額田藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川綱方
水戸藩世子
 
徳川綱條
[3]
 
 
 
 
 
松平頼侯
 
 
 
 
 
松平頼芳
 
松平頼常
(2)
 
松平頼貞
守山藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川吉孚
水戸藩世子
 
 
 
 
 
 
松平頼豊
(3)
 
 
 
 
 
松平頼煕
1
 
 
 
 
 
松平頼寛
守山藩主
 
松平定賢
白河藩主
 
 
松平頼済
常陸府中藩主
 
蜂須賀宗英
徳島藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美代姫
 
徳川宗堯
[4]
 
松平頼治
高松藩世子
 
春姫
 
松平頼桓
(4)
 
松平頼珍
2
(蜂須賀宗鎮)
 
松平頼央
3
(蜂須賀至央)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川宗翰
[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼恭
(5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蜂須賀休光
 
蜂須賀重喜
徳島藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川治保
[6]
 
 
 
 
 
松平頼真
(6)
 
松平頼起
(7)
 
松平頼昌
4
 
松平頼裕
 
 
 
 
 
池田昭訓
 
蜂須賀休栄
 
蜂須賀休紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川治紀
[7]
 
 
 
 
 
松平頼儀
(8)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼格
5
 
大久保頼郁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川斉脩
[8]
 
徳川斉昭
[9]
 
松平頼恕
(9)
 
倫姫
 
松平頼胤
(10)
 
松平頼該
 
松平頼覚
6
 
水野忠格
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川慶篤
[10]
 
徳川慶喜
一橋家→
征夷大将軍
 
徳川昭武
清水家→[11]
 
松平頼聰
(11)
 
松平頼煕
高松藩世子
 
 
松平頼温
高松藩世子
 
 
 
 
 
松平頼利
7
 
松平頼纉
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

太字は松平大膳家当主、[ ]は水戸藩主の代数、( )は高松藩主の代数、実線は実子、破線は養子および婚姻関係

外部リンク[編集]