松平頼明 (常陸府中藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼明(まつだいら よりあき、元禄4年5月11日1691年6月7日) - 享保18年9月6日1733年10月13日))は、常陸府中藩の第3代藩主。松平頼福徳川頼房の八男・松平頼泰の子)の長男。母は進藤氏。正室は右大臣今出川公規の娘で、徳川綱條の養女となった益姫。側室に久野氏、林氏。子に頼永(長男)、武元(次男)、遠山友明(三男)、頼幸(四男)、亀井茲胤(五男)、娘(織田信右正室)、娘(松平信友正室)。幼名は源三郎。任官叙位前は通称を掃部と称した。

宝永4年(1707年)12月、先代藩主の松平頼如(頼房の五男で初代藩主・松平頼隆の子)が嗣子なくして死去したため、その養嗣子として翌年の閏正月5日に家督を継いだ。享保18年(1733年)9月6日、43歳で死去し、跡を長男の頼永が継いだ。

経歴[編集]

※日付=旧暦