松平頼侯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼侯(まつだいら よりとし、寛文元年7月15日1661年8月9日) - 貞享4年6月23日1687年7月31日))は、讃岐高松藩の藩主一門。幼名は萬吉。通称図書。別名頼章。初代藩主松平頼重の四男。

母は側室松野。正室は権中納言樋口信康の娘長(七姫)。長男は3代藩主松平頼豊。兄に徳川綱方徳川綱條・松平頼剛。弟に松平頼芳徳川斉昭徳川慶喜の男系の先祖にあたる。

生涯[編集]

高松藩主である松平頼重の第4子として生まれる。

延宝4年(1676年)、当時の藩主頼常水戸藩徳川光圀の子で頼侯の従兄にあたる)より、前藩主の庶子ということで5000石を与えられ、上士となった(実弟の松平頼芳も3000石を与えられ高松藩士となった)。

書に巧みであったとされる。貞享4年(1687年)6月23日、高松で死去した。享年27。一陪臣であったため、官位を授けられることはなかった。

長男の頼豊は頼侯の死後、頼常の養子となって高松松平家の家督を相続した。また、頼豊の長男は水戸徳川家を継いで水戸藩主徳川宗堯となった。

参考文献[編集]

  • 『讃岐人名辞書』