松平頼永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼永(まつだいら よりなが、正徳3年11月27日1714年1月13日) - 享保20年8月25日1735年10月11日))は、常陸府中藩の第4代藩主。第3代藩主・松平頼明の長男。母は林氏。正室は磐城平藩主・内藤政樹の妹で、内藤義英の娘・菊姫。任官叙位前は、通称に織部を称する。

享保18年(1733年)、父の死去により跡を継ぐ。しかし2年後の享保20年(1735年)8月25日に23歳で死去した。嗣子がなく、跡を異母弟の頼幸が継いだ。

経歴[編集]

※日付=旧暦

脚注[編集]