徳川頼房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
徳川頼房
Tokugawa Yorihusa.jpg
徳川頼房像(彰考館徳川博物館蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長8年8月10日1603年9月15日
死没 寛文元年7月29日1661年8月23日
改名 鶴千代丸(幼名)→松平頼房→徳川頼房
別名 水戸頼房
諡号 源威公、威公
墓所 瑞龍山墓地
官位 正五位下 従四位下左衛門督 右少将、正四位下 参議 左近衛権少将 左近衛権中将如元、従三位 権中納言、正三位
常陸下妻藩主→常陸水戸藩
氏族 徳川氏徳川将軍家水戸徳川家
父母 父:徳川家康、母:
養母:
兄弟 松平信康亀姫結城秀康督姫徳川秀忠松平忠吉振姫武田信吉松平忠輝松千代仙千代徳川義直徳川頼宣徳川頼房
正室:なし
側室:久昌院、佐々木氏、藤原氏など
松平頼重徳川光圀(水戸黄門)、松平頼元松平頼隆松平頼利松平頼雄松平頼泰松平頼以松平房時鈴木重義大姫徳川家光養女)

徳川 頼房(とくがわ よりふさ)は、常陸水戸藩の初代藩主。水戸徳川家の祖。徳川家康の十一男。

生涯[編集]

1603年慶長8年)、伏見城にて生まれる。1606年(慶長11年)9月23日、3歳にして常陸下妻城10万石を、次いで1609年(慶長14年)12月12日、兄の頼将(頼宣)の駿河転封によって新たに常陸水戸城25万石を領したが、幼少のため駿府城の家康の許で育てられた。水戸徳川家石高は兄義直尾張徳川家、頼宣の紀州徳川家の半分にも満たなかった。その理由として「常陸水戸徳川家譜」は、家康が天守閣から飛び降りれば好きなものをやるといい、3人に欲しい物を聞いたところ頼房が「天下が欲しい。その後どうなろうと、飛び降りて地面に着くまでの間、天下人でいられれば武士として最高の栄誉」と答えたことから、乱を起こすおそれがあると家康に疎まれたことを挙げている[1]。また、『南紀徳川史』では頼房が徳川姓を許されたのは1636年寛永13年)とし、それまでの33年間は「名字定まらず」としており、同母兄・頼宣の分家とみなされていたという説もある[2]1610年(慶長15年)7月、家康の命により、実子市姫を亡くした英勝院(お梶の方)の養子となる。1611年(慶長16年)には元服、頼宣と同様に清和源氏通字の一つである「」の字を用いて頼房と名乗った。1614年(慶長19年)、大坂の陣では駿府城を守備した。

家康の死後、駿府から江戸に移ったのちもしばらく水戸藩領には赴かず、1619年(元和5年)10月、17歳のとき初めて就藩した。しかし2か月後の12月江戸に帰り、次の就藩は1625年(寛永2年)である。江戸と領地を往復している兄の義直や頼宣と異なり、青年時代のほとんどを江戸で過ごした。これは秀忠が、頼房の1歳下の次期将軍・家光の年齢の近い身内として、学友的な立場に置いておこうとしたためという説がある。一方で『水戸紀年』には、若年の頃の頼房が異様な衣服や刀を纏い、行儀や節度のない振る舞いがあり、幕府が附家老中山信吉を呼んで譴責を加えようとしたので、中山信吉が命を懸けて諌言し改めたという話が残っている。

1626年(寛永3年)家光の上洛に同行し、8月19日、従三位権中納言となったが、同日、加賀藩主・前田利常薩摩藩主・島津家久陸奥仙台藩主・伊達政宗も従三位権中納言となったことに不満を持ったため、翌年早々に正三位に昇叙する。これ以後、同家は三位権中納言となった。

1625年(寛永2年)から1630年(寛永7年)まで、寛永3年の上洛の年を除いて毎年水戸に就藩し、水戸城の修復や城下町造営、さまざまな法令を定め、城下の整備を行った。しかし1631年(寛永8年)、大御所秀忠が病となり(翌年1月死去)、将軍・家光の親政となると、頼房の就藩は途切れがちになり、家光死去の1651年慶安4年)までの17年間、就藩はわずか3回となっている。この事が先例となり、水戸藩主は基本的に江戸常住である定府となった。1630年(寛永10年)6月、家光が英勝院を通じて、「其方之御事は別而心安思候まま心中をのこさす万談合申事に候、兄弟有之候而もやくにたたす候間、此上は其方を兄弟同前に思候まま、弥万事其心得可有候(そなたのことはわけても心安く思い、何事も相談したいと思っている。兄弟はいても役に立たないので、そなたのことを兄弟同様に思っている。そなたもそう心得て欲しい)」との書状を送っている(彰考館徳川博物館所蔵)。当時、家光の弟は2人いたが、実弟の徳川忠長は改易となり高崎に幽閉中であり、異母弟の保科正之は養子先の高遠藩3万石を継いでまだ2年目であった。一方、尾張藩主の義直や紀州藩主の頼宣には、かつて謀反の疑いがかけられるなど溝があった。こうしたことから、家光は頼房を頼りになる身内として江戸に常住させたようである。水戸藩主が俗に“副将軍”と称する論拠となった。

1661年寛文元年)、水戸に就藩中に病となり、水戸城にて死去した。

官職および位階等の履歴[編集]

※日付=旧暦

  • 1606年慶長11年)9月23日、常陸国下妻10万石を与えられる。
  • 1609年(慶長14年)1月5日、従四位下左衛門督。12月22日、常陸国水戸25万石に転封。
  • 1611年(慶長16年)3月20日、正四位下左近衛権少将。某月某日、元服松平頼房と称する。
  • 1617年元和3年)7月、左近衛権中将
  • 1620年(元和6年)8月21日、参議。左近衛権中将如元。
  • 1622年(元和8年)10月、3万石加増
  • 1626年寛永3年)8月19日、従三位権中納言
  • 1627年(寛永4年)1月7日、正三位
  • 1636年(寛永13年)7月、徳川賜姓

就藩[編集]

下妻藩…就藩なし

水戸藩…計11回。

※日付=旧暦
  • 1619年(元和5年)10月就藩。同年12月帰府。
  • 1625年(寛永2年)就藩、同年12月帰府。
  • 1627年(寛永4年)7月就藩。同年12月帰府。
  • 1628年(寛永5年)10月就藩。同年12月帰府。
  • 1629年(寛永6年)11月就藩。同年12月帰府。
  • 1630年(寛永7年)10月就藩。同年12月帰府。
  • 1635年(寛永12年)8月就藩。同年12月帰府。
  • 1642年(寛永19年)11月就藩。翌年3月帰府。
  • 1648年(慶安元年)10月就藩。翌年4月帰府。
  • 1657年(明暦3年)2月就藩。翌年1月帰府。
  • 1661年(寛文元年)2月就藩。7月死去。

エピソード[編集]

  • 水戸藩では、城下の那珂川で捕れる初鮭を将軍家と朝廷に献上するのが慣わしとなっていた。中間の茂兵衛が献上鮭を京都に運ぶ途中、岡部宿で十数人の旗本たちにからまれ道を塞がれた。茂兵衛は「公用であるから」と道を譲ってくれるよう頼んだが、旗本たちが刀を抜いて脅すにいたり、やむなく素手で立ち向かい数人を叩き伏せたあと槍で刺され壮烈な死を遂げた。頼房は茂兵衛の遺体を手厚く葬るとともに記念碑を建ててその忠勇を讃え、以後公用に限り中間が脇差を帯びることを許可した。
  • 死の直前、世子光圀を通し、家来の殉死を止めさせるよう遺言した。4代将軍家綱は頼房の死後、殉死禁止令を出した。
  • 徳川宗家の現当主・徳川恒孝は、頼房の男系子孫にあたる。
  • 自身香道に優れ、香道に関する著書を為したとされるが、伝存しない。
  • 頼房は生涯正室を迎えなかったが、何人かの側室から十一男十五女と子を多くもうけ、男子は高松藩を筆頭に多くの支藩に分かれた。そのおかげで、水戸藩は幕末に至るまで他家からの養子を一切迎えず、藩祖頼房の血統を守り抜いた。逆に水戸本家や支藩から他家へ養子に行く者が多かったので、頼房の血筋は更に広がり、幕末に活躍した松平容保・定敬などの高須四兄弟は頼房の男系子孫である。

系譜[編集]

  • 側室:(谷氏・久昌院・谷重則の娘)
  • 側室:勝(佐々木氏・円理院・佐々木政勝の娘)
    • 長女:通子(恵了院)(1624年 - 1664年) - 右大将権大納言・松殿道昭と婚約
    • 次男:亀丸(1625年 - 1628年)
    • 次女:万(長寿院)(1627年 - 1689年) - 家臣・太田資正
    • 五女:菊(芳園院)(1628年 - 1706年) - 家臣・松平康兼
    • 四男:松平頼元(1629年 - 1693年)
    • 七男:松平頼雄(1630年 - 1697年) 
    • 十女:千(1635年 - 1681年) - 家臣・真木景信
    • 女:松(生没年不詳)
  • 側室:耶々(藤原氏・寿光院・興正寺十八世准尊昭玄の娘)
  • 側室:喜佐(野沢氏・玉宝院)
  • 側室:玉(三木氏・証真院・播州光善寺長然の娘、三木之次の姪)
  • 側室:愛(丹波氏・厚善院・従四位下典薬頭丹波頼房の娘)
  • 側室:俊(某氏・長松院・系譜不明)
    • 八女:布里(青松院)(1633年 - 1667年) - 本多政利
    • 十一女:竹(1636年- 1637年)
    • 十二女:梅(浄雲院)(1638年 - 1697年) - 家臣・宇都宮隆綱
  • 側室:七(大井田氏・真善院・大井田義能の娘)
  • 側室:幾都(高野氏・覚真院・高野清兵衛の娘)
    • 十五女:那阿(松寿院)(1649年 - 1709年) - 家臣・伊藤友次

脚注[編集]

  1. ^ 得能審二『江戸時代を観る』リバティ書房、1994年、34-35頁
  2. ^ 『幕府祚胤伝』では、1609年(慶長14年)の従四位下左衛門督叙任の時に徳川氏を称したとある。

関連項目[編集]