松平頼雄 (宍戸藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼雄(まつだいら よりお、寛永7年9月11日1630年10月16日) - 元禄10年5月14日1697年7月2日)は、常陸宍戸藩の初代藩主。官位は従五位下、大炊頭。

生涯[編集]

常陸水戸藩徳川頼房の七男として水戸で生まれる。幼名は藤吉郎。母は佐々木氏。天和2年(1682年)、次兄光圀から常陸宍戸1万石を分与されて立藩した。元禄10年(1697年)5月14日、68歳で死去した。五兄頼利の子で養嗣子の頼道が相続した。

法号は一法院殿融山円公大居士。墓所は茨城県常陸太田市瑞竜山