松平頼之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平頼之
Matsudaira Yoriyuki.jpg
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 安政5年6月1日1858年7月11日
死没 明治6年(1873年8月11日
改名 松平昭鄰→頼之
陸奥守山藩
氏族 徳川氏水戸徳川家)→松平氏(守山松平家)
父母 父:徳川斉昭、母:万里小路睦子
養父:松平頼升
兄弟 徳川慶篤徳川慶喜松平昭訓土屋挙直徳川昭武松平頼之 ほか

松平頼之(まつだいら よりゆき)は、幕末の大名。陸奥守山藩常陸松川藩)の第7代(最後)の藩主。水戸支流(連枝)頼元系松平家8代。水戸藩主・徳川斉昭の二十二男で、最後の将軍・徳川慶喜の弟。初名は昭鄰(あきちか)。

明治2年(1869年)、先代藩主の隠居により、養子となって家督を相続した。明治6年(1873年)に夭折し、会津松平家との養子縁組を解消していた実兄の喜徳(斉昭の十九男)が家督を継いだ。