松平頼幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼幸(まつだいら よりとみ、享保4年9月29日1719年11月10日) - 寛保2年6月28日1742年7月29日))は、常陸府中藩の第5代藩主。第3代藩主・松平頼明の四男。母は久野氏。第4代藩主・松平頼永の異母弟。幼名は源吉。は頼時から頼幸に改める。

享保20年(1735年)、異母兄で先代藩主の頼永が嗣子なくして早世したため、その養嗣子として跡を継いだ。元文4年(1739年)、浅野吉長松平頼貞と共に尾張藩主・徳川宗春に対して廃立を伝える使者を務めた。寛保2年(1742年)6月28日、24歳で死去した。頼幸にも嗣子がなく、養嗣子の頼済が跡を継いだ。

 経歴 [編集]

※日付=旧暦

脚注[編集]