松平頼慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平頼慎(まつだいら よりよし、明和7年6月28日1770年7月20日) - 文政13年7月13日1830年8月30日))は、陸奥守山藩の第4代藩主。水戸支流頼元系松平家5代。守山藩4代藩主・松平頼亮の次男。母は側室川上氏。官位は従四位下、大学頭、侍従。

享和元年(1801年)、父の死により家督を相続した。菅笠・藍・紅花・養蚕などの殖産興業に努め、菅笠会所を設けたり、菅笠・藍玉の前金を無利息・10年賦で返済させる制度を定めたりもした[1]。天保元年(1830年)死去し、長男・頼誠が跡を継いだ。

著書として『府臣略伝』『守山日記後編』がある。

家系[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』東京堂出版、2009年