松平頼学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平頼学
時代 江戸時代後期
生誕 文化5年12月3日1809年1月18日
死没 慶応元年8月14日1865年10月3日
改名 哲丸(幼名)、頼学
戒名 智徳院殿慈行謙光大居士
墓所 東京都大田区池上本門寺
官位 従四位上侍従左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定家茂
伊予国西条藩9代藩主
氏族 紀州松平家
父母 父:松平頼啓、母:大熊氏
兄弟 頼学、龐姫
正室一条忠良の娘・通子
側室:近藤氏、山野井氏
靖姫(松平頼永室)、久松丸銐丸充千代、粒姫、悌姫、徳之丞頼英徳川茂承
養子:松平頼永

松平 頼学(まつだいら よりさと)は、伊予西条藩の第9代藩主

生涯[編集]

文化5年(1808年)12月3日、伊予西条藩第8代主・松平頼啓の長男として生まれる。

天保3年(1832年)閏11月25日、父の隠居により家督を継いだ。藩政においては『西条誌』20巻の編纂など、文武の奨励に尽力している。弘化3年(1846年)、本家に当たる紀州藩徳川斉順の死去に際し、隠居していた先代藩主の徳川治宝は西条藩から頼学を紀州藩主に迎えようとした。しかし、附家老水野忠央による治宝への中傷を交えた妨害と幕府の強い意向により、清水徳川家から斉彊を藩主に迎えることになった。

文久2年(1862年)11月21日、家督を五男の頼英に譲って隠居し、慶応元年(1865年)8月14日に死去した。享年57(満56歳没)。

系譜[編集]