松平頼看

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平頼看
時代 江戸時代
生誕 安永2年12月11日1774年1月22日
死没 寛政9年1月20日1797年2月16日
改名 義郎(幼名)、頼看
戒名 広徳院殿一道寿林日盈大居士
墓所 東京都大田区池上本門寺
官位 従四位下侍従、雅楽頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
伊予西条藩
氏族 紀州徳川家
父母 父:松平頼謙、母:永石氏
兄弟 頼看本多忠顕頼啓
正室徳川重倫の養女・保姫松平頼興の娘)

養嗣子頼啓

松平 頼看(まつだいら よりみ)は、伊予西条藩の第7代藩主。第6代主・松平頼謙の長男。母は永石氏。

安永2年(1773年)12月11日生まれ。天明8年(1788年)に叙任する。寛政7年(1795年)8月7日、父の隠居により跡を継ぐが、寛政9年(1797年)正月20日、父に先立って25歳で死去した。一人娘しかいなかったため、家督は弟で養嗣子の頼啓が継いだ。