内藤政徧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内藤政偏から転送)
 
内藤政徧
時代 江戸時代中期
生誕 安永2年7月17日1773年9月3日
死没 寛政11年10月7日1799年11月4日
改名 岩三郎・新三郎(幼名)、政偏
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位下主殿頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
陸奥湯長谷藩
氏族 内藤氏
父母 内藤貞幹土方雄端
内藤政広
兄弟 政為政広政吉政偏長谷川勝浮正室
松平頼謙
銀一郎
政璟
テンプレートを表示

内藤 政徧(ないとう まさゆき)は、江戸時代中期の大名陸奥国湯長谷藩8代藩主。官位従五位下主殿頭

略歴[編集]

安永2年(1773年)7月17日、6代藩主・内藤貞幹の四男として誕生。天明7年(1787年)に7代藩主だった兄・政広が早世したため、その養子として跡を継いだ。寛政2年(1790年)11月に徳川家斉御目見し、12月に叙任されたが、寛政11年(1799年)10月7日に27歳で死去した。実子は早世していたため、養子・政環が跡を継いだ。

脚注[編集]