内藤貞幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内藤貞幹
時代 江戸時代中期
生誕 延享3年11月15日1746年12月26日
死没 安永7年6月23日1778年7月17日
戒名 徳本院殿有隣鬢山大居士
墓所 神奈川県鎌倉市の光明寺
官位 従五位下主殿頭伊賀守因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
陸奥湯長谷藩
氏族 紀州徳川家内藤氏
父母 徳川宗直、村井氏
内藤政業
兄弟 雲松院徳川宗将、友姫、桂香院
徳川治貞松平頼央松平信有貞幹
賢姫、達姫、薫姫、相姫ら6男10女
土方雄端
政為政広政吉政偏
長谷川勝浮正室
テンプレートを表示

内藤 貞幹(ないとう さだよし)は、江戸時代中期の大名陸奥国湯長谷藩6代藩主。官位従五位下主殿頭伊賀守因幡守

略歴[編集]

紀州藩6代藩主・徳川宗直の六男として誕生。

宝暦10年(1760年)12月、5代藩主・内藤政業が、宝暦11年(1761年)に徳川家治御目見した同年の11月14日に隠居したため、その跡を継いで養子となり叙任された。

安永7年(1778年)6月23日、死去。享年33。跡を次男・政広が継いだ。法名は徳本院殿有隣鬢山大居士。墓所は神奈川県鎌倉市の光明寺。

系譜[編集]

子女は4男1女。

脚注[編集]