内藤政醇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
内藤政醇
時代 江戸時代中期
生誕 正徳元年(1711年
死没 寛保元年9月5日1741年10月14日
改名 銀一郎(幼名)、政醇
別名 政令、政盈(別名)
戒名 不退院殿風航致山大居士
墓所 福島県いわき市常磐白鳥町の龍勝寺
官位 従五位下、播磨
幕府 江戸幕府
陸奥湯長谷藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤政貞、母:松平義昌の娘
正室:黒田直邦の娘
政業政勝(次男)

内藤 政醇(ないとう まさあつ)は、江戸時代大名陸奥湯長谷藩の第4代藩主。

正徳元年(1711年)、第3代藩主・政貞の長男として生まれる。享保7年(1722年)、父の死去により跡を継ぎ、享保10年(1725年)に将軍・徳川吉宗御目見する。享保12年(1727年)12月に叙任する。

「忠孝・倹約・扶助」を旨とする藩法を定めた[1]

寛保元年9月5日(1741年10月14日)、帰国直後に死去した。享年31。跡を長男・政業が継いだ。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ あぶくま抄(3月27日)”. 福島民報 (2014年3月27日). 2014年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月23日閲覧。