松平頼謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平頼謙
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦5年3月7日1755年4月18日
死没 文化3年9月2日1806年10月13日
改名 金十郎(幼名)、頼謙
戒名 寿徳院殿慈元盈林日忠大居士
墓所 東京都大田区池上本門寺
官位 従四位下侍従式部大夫左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
伊予西条藩
氏族 紀州徳川家西条松平家
父母 徳川宗将、於安
兄弟 直松、徳川重倫、千間姫、琴姫、門之進、致姫、内藤学文頼興頼謙、逸姫、
忠功、従姫、三浦為脩忠和安藤道紀阿部正由
菊亭家
永石氏
頼看本多忠顕頼啓、鑑、於津、錫、
内藤政偏正室
テンプレートを表示

松平 頼謙(まつだいら よりかた)は、江戸時代中期の大名伊予国西条藩6代藩主。官位従四位下侍従式部大夫左近衛権少将

略歴[編集]

宝暦5年(1755年)3月7日、紀州藩主・徳川宗将の六男として誕生。母は江戸幕府の御書院番を務めていた前田氏の妹・於安。幼名は金十郎

安永4年(1775年)2月3日、紀州藩主を継いでいた次兄の徳川重倫が隠居した。この時、重倫の子である岩千代(のちの治宝)はまだ幼少であり、代わりに叔父で先代藩主の松平頼淳(=徳川治貞)が紀州藩主として転出することとなったため、それに伴い重倫の弟である金十郎改め頼謙が、頼淳の養嗣子という形で、同日西条松平家の家督および西条藩主を継いだ。

安永7年(1778年)、郡奉行の竹内立左衛門に命じ、加茂川や中山川の治水工事などを行なわせ禎瑞新田を開発する。寛政7年(1795年)8月7日、長男・頼看に家督を譲って隠居し、文化3年(1806年)9月2日に52歳で死去した。

系譜[編集]