松平忠功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
松平忠功
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦6年5月21日1756年6月18日
死没 文政13年8月6日1830年9月22日
改名 頼之丞(幼名)→頼久(初名)→忠功
戒名 大乗院殿融明慈証大居士
墓所 東京都台東区谷中天眼寺
官位 従四位下、下総
幕府 江戸幕府
伊勢桑名藩
氏族 紀州徳川家奥平松平家
父母 父:徳川宗将
母:浄眼院(富宮、伏見宮貞建親王の養女)
(実父は今出川公詮との説あり)
養父:松平忠啓
兄弟 徳川重倫内藤学文頼興頼謙忠功
三浦為脩忠和安藤道紀阿部正由
正室:久仁姫(桃仙院、松平忠啓の娘)
養子:忠和

松平 忠功(まつだいら ただかつ)は、伊勢桑名藩の第4代藩主。奥平松平家6代。

生涯[編集]

紀州藩の第7代藩主・徳川宗将の七男として生まれる。桑名藩第3代藩主・松平忠啓の実子が早世していたため、天明3年(1783年)5月2日に婿養子として迎えられた。天明6年(1786年)12月10日に忠啓が死去したため、天明7年(1787年)1月21日に家督を継ぐ。

当時、江戸幕府では老中松平定信による寛政の改革が行われていたが、忠功もそれに倣い寛政3年(1791年)に「御定書」を制定して藩財政再建のために経費節減や生活の簡素化、上意下達の徹底などの藩政改革を行なった。しかし寛政5年(1793年)11月28日、病気を理由に家督を養子の異母弟忠和に譲って隠居し、以後の藩政改革は忠和に受け継がれることとなる。

文政13年(1830年)8月6日に死去。享年75。