松平頼純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平頼純
時代 江戸時代
生誕 寛永18年1月4日1641年2月13日
死没 正徳元年10月7日1711年11月16日
改名 小松丸、頼純
戒名 源性院
官位 従四位下権少将左京大夫
幕府 江戸幕府
伊予国西条藩
氏族 紀州松平家
父母 父:徳川頼宣、母:越智氏
兄弟 徳川光貞、修理、頼純
正室:本多忠義の娘
渡辺恭綱頼路頼廉頼雄頼致
尚峯頼渡、於留天姫(渥美勝之正室)、清姫(井上正岑正室)、
清岸院(真田信弘正室)、
八千(小出英貞正室)、
娘、梅、初、四方、嘉奈、娘

松平 頼純(まつだいら よりずみ)は、伊予西条藩の初代藩主。紀州藩主・徳川頼宣の三男。初代将軍・徳川家康は祖父。兄は徳川光貞。8代将軍吉宗の叔父、徳川家光徳川光圀の従弟にあたる。

正保2年(1645年)に将軍家光に御目見する。承応3年(1654年)に従四位少将左京大夫に叙される。寛文10年(1670年)、伊予西条3万石を与えられ大名に列する。

参勤交代をしない定府大名であった。[1]

正徳元年(1711年)、死去した。享年71(満70歳没)。家督は五男・頼致が継いだ。

演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『別冊歴史読本43 徳川将軍家歴史大事典』新人物往来社 2000年