真田信弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
真田信弘
時代 江戸時代中期
生誕 寛文10年12月12日1671年1月22日
死没 元文元年12月26日1737年1月26日
別名 蔵人
戒名 乾徳院殿朝散太夫前御史龍嶽一雲大居士
官位 従五位下、出羽守、伊豆守、弾正忠
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
信濃松代藩
氏族 真田氏
父母 父:真田信就、母:高橋氏
義父:真田信親真田幸道
正室与伊(静岸院、松平頼純の娘)
側室:藤田氏(冷厳院)、美加(智岸院)
幸詮信安柳生俊峯繁信(五男)、本多忠盈、娘(柳沢信鴻継室)、娘(一柳末栄継室)

真田 信弘(さなだ のぶひろ)は、江戸時代中期の大名信濃国松代藩の第4代藩主

経歴[編集]

  • 1670年(寛文10年) 真田信就(2代藩主真田信政の長男)の七男として生まれる。
  • 1700年(元禄13年) 分家旗本2000石の真田信親の養子となり、寄合に列した。
  • 1703年(元禄16年) 3代藩主真田幸道の長男・源次郎の死去により松代藩養嗣子となる。
  • 1727年(享保12年)7月 幸道の死去により松代藩の家督を相続。
  • 1736年(元文元年)12月27日 藩主在任中に死去(享年67)。長男・幸詮はすでに早世していたため、家督は三男・信安が相続。

官歴[編集]

関連項目[編集]