徳川剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳川 剛(とくがわ ごう、1924年大正13年)1月 - 消息不明)は、紀州徳川家第18代当主。徳川頼貞の未亡人・為子の養子。旧姓名および離籍後の姓名は青山 剛(あおやま ごう)。

経歴[編集]

1924年大正13年)1月、日系二世とされる青山由太郎の次男として生まれる。

1958年昭和33年)に紀州徳川家第17代当主・徳川頼韶が早世したため、頼韶の母・為子の養子となって紀州徳川家を継いだ[1]。その際、為子の長女・宝子と結婚している。しかし、当時の紀州徳川家は先々代の徳川頼貞の散財による多額の借金を抱えており、宝子がその返済のために東京都千代田区有楽町日比谷三井ビルの地下に開いたレストラン「マルキーズ」(侯爵夫人)の経営に失敗したため、1965年(昭和40年)8月に宝子と離婚して紀州徳川家から離籍した。剛は経営権を売り渡して逃げたとされ[2]、その後の消息は不明である。

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 霞会館諸家資料調査委員会編『昭和新修華族家系大成』吉川弘文館、1985年。
  2. ^ 本田靖春『現代家系論』文藝春秋、1973年、225頁。