松平信清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信清
時代 江戸時代中期
生誕 元禄2年(1689年
死没 享保9年5月19日1724年7月9日
改名 仁十郎(幼名)→信清
戒名 玄徳院殿性山道崇大居士
墓所 東京都新宿区富久町の自証院
官位 従四位下、侍従越前
幕府 江戸幕府
上野吉井藩
氏族 鷹司松平家
父母 父:松平信政、母:森長継娘・大姫
正室:津軽信寿の娘
信友、潔姫ら
テンプレートを表示

松平 信清(まつだいら のぶきよ)は、上野吉井藩の初代藩主。鷹司松平家3代。

生涯[編集]

旗本松平信政の長男。元禄4年12月5日(1692年)、7000石の家督を継ぐ。元禄12年(1699年)3月28日、将軍徳川綱吉に拝謁する。元禄16年12月21日(1704年)、従四位下・侍従・越前守に叙任する。宝永6年(1709年)、多胡郡など3000石を加増されて合計1万石を領する大名となる。鷹司松平家は非常に特異な家で、1万石の極小藩でありながら、徳川家一門と国主格待遇を受けた。さらに江戸城内では御三家加賀前田家と同格の大廊下(下之間)の格式を幕末まで受けることになる。享保9年(1724年)5月19日に36歳で死去し、跡を長男の信友が継いだ。

系譜[編集]