徳川御三家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳川御三家(とくがわごさんけ)は、江戸時代において徳川氏のうち徳川将軍家に次ぐ家格を持ち、徳川の名字を称することを認められていた三つの家のこと。単に御三家(ごさんけ)とも呼ばれる。

概要[編集]

御三家は親藩(一門)のうちで最高位にあり、将軍家や御三卿とともに徳川姓を名乗ることや三つ葉葵の家紋使用が許された別格の家であった。宗家(将軍家)を補佐する役目にあるとも言われているが、制度・役職として定められたものではない。なお、室町幕府にも吉良氏石橋氏渋川氏の3氏を「御一家」と称し、具体的な職掌はないものの足利将軍家の後嗣が絶えた時に継承する権利を有しており、御三家はこれを参考にした制度とする見方もある[1]

水戸家は頼房駿河徳川家断絶後の1636年(寛永13年)になってようやく徳川を賜姓された家であり、それまでは紀州徳川家親族の水戸松平家であった。他の2家よりも官位・官職の点では下ではあるが、朝廷に対して次期将軍家の奏聞をし、また江戸常勤であることなどから、5代将軍綱吉のころから他の2家と共に御三家と呼ばれるようになった。

「将軍家に後嗣が絶えた時は、尾張家か紀州家から養子を出す」ことになっており、実際に7代将軍家継が8歳で死去したため宗家は断絶した。これをうけて8代将軍には紀州徳川家の徳川吉宗が養子に迎えられ、以降14代将軍家茂までは紀州家の血筋である[注釈 1]。尾張家は3代藩主徳川綱誠が3代将軍徳川家光の外孫だったこともあり[注釈 2]、綱誠の嫡男である4代藩主徳川吉通が6代将軍徳川家宣の後継になりかけた。しかし、新井白石らの反対にあい、尾張家の家訓通り将軍位を争わず吉通自身が身を引き、幼き徳川家継が7代将軍となった。結果的には尾張家から将軍を出す機会を失い、後年には御三卿の一橋徳川家の血統が当主となったため尾張家からは将軍を出せなかった。

なお、水戸家からは最後の15代将軍慶喜が御三卿の一橋家へ養子に入った後に将軍家を継承することになったが、あくまでも一橋徳川家からの将軍継承であり水戸家からではない。慶喜は女系ながら秀忠の血[注釈 3]も引いている[2]

江戸時代初期には、将軍家である徳川宗家に尾張家と紀州家を加えた三家を御三家と呼ぶこともあった。また尾張家、紀州家に駿河徳川家徳川秀忠の三男徳川忠長(松平姓とも)1代に終わった)を加えた3つの大納言家(水戸家は中納言家)を指して御三家という時代もあり、その頃の水戸家は尾張・紀州と較べるとやや家格が劣る(紀州徳川家の分家の水戸松平家)と見られていた。また将軍家の分家としては、上記3家および駿河家以外にも、3代将軍家光の子を分封した甲府徳川家徳川綱重綱豊の2代、松平左馬頭家)および館林徳川家徳川綱吉、松平右馬頭家)が、石高・家格ともに匹敵する家(御両典)として存在した。他に将軍家からの直接の分家で高い家格を有したものに、家康の子(秀忠の兄)結城秀康を祖とする越前松平家、秀忠の子(家光の弟)保科正之を祖とする会津松平家、などがあったが、それらは徳川姓を許されていない。しかし、駿河忠長が改易(後に自害)、館林綱吉が5代将軍となり、甲府綱豊が6代将軍(家宣と改名)として徳川宗家を継ぎ、これらの徳川家が消滅したため水戸松平家が格上げされ徳川を称することが許されるようになり、尾張・紀州・水戸の3つの徳川家を御三家と呼ぶことが定着したようである。

幕末期には様々な政治的立場をとることとなったが、いずれの家も朝敵扱いとなることはなかった。明治政府で作成された叙爵内規では、「徳川旧御三家」は特に侯爵相当とされ、華族に対する叙爵の時点でも御三家の扱いは別格とされていた[注釈 4]

御三家の領地[編集]

尾張藩は、江戸から上方に向かう東海道(江戸時代初期に五街道の東海道に再編)および東山道(江戸時代初期に五街道の中山道に再編)が通る地に位置した。紀州藩は、上方と江戸との間を太平洋経由で行き交う菱垣廻船などが通過する紀淡海峡に面する地に位置した。水戸藩は、江戸から陸奥国方面に向かう東海道(江戸時代初期に水戸街道岩城街道などに再編)の途上に位置した。

始祖 家系 石高 藩庁 位置 入府
徳川義直家康九男) 尾張徳川家 尾張藩 62万石 名古屋城 地図 元和2年(1616年
徳川頼宣(家康十男) 紀州徳川家 紀州藩 56万石 和歌山城 地図 元和5年(1619年
徳川頼房(家康十一男) 水戸徳川家 水戸藩 35万石 水戸城 地図 元和5年(1619年)

系譜[編集]

 
 
 
 
徳川家康
(初代将軍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結城秀康
越前松平家
 
秀忠
(2代将軍)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義直
(尾張家初代)
 
 
 
頼宣
(紀州家初代)
 
 
 
頼房
(水戸家初代)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家光
(3代将軍)
 
忠長
駿河家
 
保科正之
会津松平家
 
 
 
 
 
光貞
(紀州家2代)
 
松平頼純
(西条松平家)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家綱
(4代将軍)
 
 
 
綱重
甲府家初代)
 
 
 
綱吉
館林家初代)
(5代将軍)
 
 
 
 
 
吉宗
(紀州家5代)
(8代将軍)
 
徳川宗直
(西条家2代)
(紀州家6代)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家宣
(甲府家2代)
(6代将軍)
 
松平清武
越智松平家
 
徳松
(館林家2代)
 
 
 
 
 
御三卿
 
 
 
 
 
斉昭
(水戸家9代)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家継
(7代将軍)
 
清方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶喜
一橋家9代)
(15代将軍)
慶喜家初代)
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

御三家の待遇[編集]

御三家の当主の官位は尾張・紀伊の二家は従二位権大納言を極官とし、水戸家は正三位権中納言を極官とした。世子は従四位下に叙任されるのが通例であり、近衛少将や常陸介(紀伊家)等を初官とした[注釈 5]

江戸城における伺候席は最上級となる大廊下であり、御三卿や親藩、加賀藩前田氏などが伺候した。

御三家の一族・家臣[編集]

御三家の家臣は、基本的に将軍家と同様に、三河以来の譜代の家臣を祖とする者が多かった。その中でも御三家の国家老である御附家老は藩政目付役の重責を負って幕府から派遣された将軍直臣(じきしん)の扱いで、大名の家臣が通常陪臣(ばいしん)扱いだったのとは一線を画した。御附家老はいずれも数万石を知行していたので、幕府崩壊後にあらたに諸侯に列し、立藩している。

また、将軍家の血筋の予備としての御三家の性格上、御三家自身も無嗣断絶による改易を避けるため、当主を絶やさぬように血統の保存対策として支藩を持つ必要があり、御連枝と呼ばれる分家を持った。御連枝により、尾張家の高須松平家は4代、紀州家の西条松平家は3代、水戸家の高松松平家は2代の御三家当主を出した。たとえば、紀州家当主だった吉宗が8代将軍として宗家を嗣いだ際に紀州家当主を継いだのは、西条松平家の松平頼致(徳川宗直と改名)である。幕末の尾張家当主徳川慶勝も高須松平家から養子に入っている。

しかし時代が下ると、尾張家と紀伊家では御連枝による当主継承も断絶し、財政の貧窮や御附家老による運動で、御三卿を含む吉宗以降の将軍血統より当主の継承がなされるとともに、幕府への依存度が高まる一方で幕府財政を圧迫した[3]

吉宗以降は、御三家を模した御三卿が創設され、御三家と共に将軍家の嗣子を出す役目を担うことになった(ただし御三家と異なり、当主がいない状態もあった)。

御三家当主の正室は、特に御簾中と称された。後に御三卿正室も御簾中と称された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 11代徳川家斉は子どもが多く、男子は養子に出された。14代家茂の実父、養父ともに家斉の息子である。
  2. ^ 綱誠の母は家光の長女千代姫
  3. ^ 徳川秀忠-千姫勝姫池田綱政政純-静子-八代君-徳川治紀-斉昭-慶喜
  4. ^ このうち尾張家と紀州家は旧領石高でも侯爵相当(現米15万石以上)であり、水戸家の旧領石高は伯爵相当(現米5万石以上)であるため、実際には水戸家にのみ影響する条項だった。
  5. ^ 他の家は松平忠長の初官は従四位下参議近衛中将、極官は従二位・権大納言。御両典(甲府家・館林家)・御三卿が初官は従三位・近衛中将、極官は権中納言。松平光長が従三位・近衛中将、松平忠昌が正四位下・参議であった。

出典[編集]

  1. ^ 佐藤編 (2012)
  2. ^ 一条家譜・華族系譜20・瓜連常福寺志
  3. ^ 藤野 (2008)

参考文献[編集]

  • 谷口雄太「足利氏御一家考」佐藤博信編『関東足利氏と東国社会 中世東国論:5』岩田書院、2012年
  • 藤野保『江戸幕府崩壊論』塙書房、2008年

関連項目[編集]