会津松平家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会津松平家
家紋
会津三葵
本姓 清和源氏(称)
家祖 保科正之
種別 武家
華族子爵
出身地 武蔵国豊島郡江戸
主な根拠地 陸奥国会津郡若松
著名な人物 保科正之
松平容保
松平恒雄
松平勇雄
凡例 / Category:日本の氏族

会津松平家(あいづまつだいらけ)は、江戸時代陸奥国会津を治めた松平氏の一支系で、親藩御家門の一つ。江戸幕府2代将軍徳川秀忠の四男保科正之を家祖とする会津藩の藩主家。

概要[編集]

保科正之は秀忠が乳母大姥局の侍女(浄光院)との間にもうけた子であったが、秀忠は御台所(正室)の於江与をはばかって正式の認知をせず、正之は信濃国高遠藩保科正光の養子として育てられた。秀忠と於江与の死後、3代将軍家光は高遠藩主(3万)となっていた異母弟の正之を取り立て、出羽国山形藩20万石を経て陸奥国会津藩23万石に封じた。

正之は将軍の実弟でありながら謙虚に身を処し、家光の信頼を受けて4代将軍家綱の後見役に立てられ、幕政に重きをなした。当初は松平姓の名乗りも固辞し続けていたが、正之死後の1696年、3代正容(正之の子)が松平を称するようになった(このため、正之から2代は松平姓を称してはいないが、正之を初代と数える)。また、正容以降「容」を通字とした(正之とその子ら(正容を含む)は保科家の通字「正」を用いた)。

秀忠の男系の血筋を伝える家の一つ(松平清武の死後は唯一の家系)だったが、7代容衆の早世により血統は断絶、以後は養子が続く。8代容敬、9代容保美濃国高須藩の高須松平家から養子に入った。高須松平家は、9代藩主義和より徳川家康の十一男頼房水戸徳川家)の血筋である。容保は幕末京都守護職に任ぜられ、京都の治安維持に活躍したために倒幕派と敵対し、大政奉還が行われて幕府が倒壊した後、15代将軍徳川慶喜が新政府側に降伏すると、奥羽越列藩同盟の中心となって新政府軍と戦った(戊辰戦争)。1868年、容保の隠居により、家督は慶喜の弟である養子の10代喜徳に譲られるが、容保が藩主を辞していたため、会津藩は事実上の廃藩となった。同年、若松城での戦い(会津戦争)に敗北し、旧会津藩領は没収された。喜徳は新政府から謹慎を命じられた。

1869年、容保の実子の11代容大に家名存続が許され、改めて陸奥国斗南藩3万石(現在の青森県むつ市)を与えられ、知藩事となった。廃藩置県後は華族に列し、子爵を授けられた。

容大の後は、弟(容保の五男)の保男が容大の養子となって家督を相続した。保男は海軍軍人となり、巡洋戦艦伊吹艦長横須賀海兵団長を歴任し、海軍少将まで昇進した。会津松平家の現当主は保男の孫・保久であり、現在はNHK芸能番組で管理職を務めている。

容保の次男健雄伊佐須美神社宮司)の次男勇雄福島県知事を三期務め、容保の六男恒雄は、外務省に入って駐米大使駐英大使を歴任し、戦後は初代参議院議長となった。雍仁親王妃勢津子は恒雄の長女であるが、成婚前に本家当主・保男の養女となった。恒雄の子一郎東京銀行会長。一郎の子恒孝は、1963年徳川宗家の第18代当主を継承した。

系譜[編集]

凡例:赤字は実子、破線は養子、太字は当主

保科正之1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保科正頼 保科正経2 保科正純 保科正容
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保科/松平正容3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正邦 正甫 正房 容貞4 容章
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容頌5 貞歴 容詮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容詮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容住6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容衆7 容敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容敬8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容保9 敏姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜徳10 容大11 健雄 英夫 恒雄 保男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保男12 慶雄 勇雄 一郎 節子(勢津子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保定13 保興 真隆 恒忠 徳川宗家
恒孝
恒和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保久14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親保15

関連項目[編集]