陪臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陪臣(ばいしん)は、武家の主従関係において家臣の家臣を指した呼称。又者(またもの)、又家来(またげらい)とも呼ばれた。

他の国々の同様の身分についても用いられる。

概要[編集]

武士団やそれを基盤にした江戸時代幕府や各の官僚機構は、家相互の主従関係のネットワークで構成されていた。将軍、藩主が直接掌握し、命令権を持つのは直接の主従関係を結んだ家臣(直臣)だけであり、家臣がさらに召し抱えた者については主従関係を持たなかった。こうした、主人を持つ武士が家臣として召し抱えた武士を陪臣と呼んだ。

江戸時代の陪臣[編集]

江戸幕府の制度においては、将軍の直接の家臣直参である大名旗本及び一定以上の格の御家人は軍役規定に則り、侍を召し抱えていた。これら直参の武士が召し抱えた家臣は陪臣とされた 。直参が蔵米取りの下級旗本であっても将軍への拝謁が許されていたのに対し、陪臣はたとえ大藩で1万石以上と大名並みの石高を有する家老、藩主一族でも拝謁は許されなかった。彼らは将軍との主従関係を持たず[1] 、拝謁の資格を有しなかったのである。陪臣でありながら将軍に拝謁を許されることは大変な名誉であり、将軍の代替わりごとに拝謁を許されるなどの待遇を与えられることは、陪臣としては抜きんでた名門であることの証でもあった。

同様に陪臣が他家の主君に直接面会をすることも出来なかった。主君が不在であったり病気等の理由で江戸城に登城できない場合、陪臣が登城し用件を老中若年寄など幕閣に伝える場合もあった。この際も幕閣は他家主君であるので、御用取次を介して用件が伝えられた。

また、旗本が用人などとして抱える家臣も将軍からは陪臣である。この中には、知行地の代官をつとめたりするほか、主君が奉行に就任した際に内与力として随行するなど幕政に直接従事する者も見られた。

陪臣は官位を持つことが禁止されており、直参とは格式において差が付けられていた。これは島津久光黒田長経ら世子の控えの立場にある藩主一族でも同様であった。

陪臣叙爵[編集]

御三家や加賀前田家の家老は陪臣であったが、大名並みに諸大夫に叙爵された。このことを陪臣叙爵という。 陪臣叙爵は駿府徳川家、甲府徳川家、館林徳川家、越前松平家、越後松平家にも認められていた。陪臣叙爵は家格によって定員が決まっており、家老の中でも抜きんでた名門は常時の諸大夫を許され叙爵においても優先された。

陪々臣[編集]

加賀藩仙台藩萩藩薩摩藩など大藩においては陪臣である上級家臣の禄高も高く、彼ら高級陪臣はさらに家臣団を抱えていた。これら陪臣に仕える家臣は陪々臣と呼ばれた。彼らは格式は低いが、主家が高禄を得ている場合、禄高は微禄の直参より遥かに高い者も存在した。以下に諸家における例を記す。

加賀藩[編集]

百万石を領する加賀藩においては、宿老である加賀八家をはじめ一万石以上の禄高を有する家臣が多く存在し、藩と同様に組織された家臣団を抱えている例も多かった。加賀八家筆頭の前田土佐守家では家老、算用場などの役職が設けられ藩と同様に組織され、同じ加賀八家の長氏に至っては家臣団のみならず浦野事件に至るまで織田信長から安堵された所領をそのまま維持し、半大名状態であった。八家中最高の五万石を領する本多政重家では家臣団の総数は660人に及び、千石以上の家臣が三人、五百石以上が四人おり、千石以上のうちの一人蜂岡伊賀は二千石を与えられていた。これは大半の旗本より高い禄高である。他にも加賀八家の家臣には三千石を得ている者も存在したという。他にも人持組の赤座家には橋本家らの陪々臣の存在が記録に残っており、万石級、千石級の藩士の多くが陪々臣を召し抱えていたことが見て取れる。

仙台藩[編集]

東北地方特有の土地の広大さから地方知行制が根強く残り、半大名的な家臣、戦国時代の小大名が伊達氏に服属して家臣となった家や伊達氏の分家一門(一門)、古くからの家臣や戦国時代以前に分かれた分家で戦国時代に在地領主であった家(一家、一族)、他の戦国大名の分家か有力家臣の出自を持つ者(準一家)などを多数抱える仙台藩においては陪臣が家臣を抱えていることは珍しくなく、又家中とも呼ばれたこれら陪々臣がさらに家臣を抱える例もあった。一族以上のなかには万石以上の知行地を拝領した家が11もあり、表高以上の豊かさもあって可能となったのである。

薩摩藩[編集]

薩摩藩の上士層である御一門家・一所持・一所持格は家中と呼ばれた陪々臣を召し抱えていた。

岩国領[編集]

長州藩岩国領の吉川家に仕える家臣は吉川家を毛利家家臣とする毛利宗家の主張に則ると形式上、陪々臣となる。

その他の藩[編集]

このほか、『忠臣蔵』で有名な赤穂藩浅野家には家臣吉田兼亮の足軽寺坂信行(のち赤穂浅野家直参の足軽となる)の名前が広く知られ、江戸初期の筑前藩大老黒田一成に粕屋茂平衛、近藤加衛門、関勘六、江見彦右衛門らの家臣がいたことが記録されているなど、特に地方においては陪々臣の存在は珍しいものではなかった。

陪々々臣[編集]

陪々臣の下にさらに陪々々臣ともいうべき家来が仕えている場合、奉公関係が非常に複雑になる上、謀反を疑われる危険もあったため、諸侯間の了解事項として士分として扱われるのは陪々臣までとされていた。陪々々臣の陪々臣への奉公は下級の陪々臣が上級の陪々臣の下で役目についているという形を取ることが一般的であった。

天下の三陪臣[編集]

名将言行録』では、戦国時代における天下の三陪臣が挙げられている。

  • 「陪臣にして、直江山城、小早川左衛門、堀監物杯は天下の仕置をするとも仕兼間敷(しかねまじき)ものなり」

豊臣秀吉が主君で、その直臣である上杉景勝の家臣直江兼続毛利輝元の家臣小早川隆景堀秀政の家臣堀直政はそれぞれ陪臣にあたり、陪臣であるが天下の仕置も務まると評価したものである。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、御三家附家老は江戸城中に席を持ち、大名の格式を有した。このほか、尾張家中などに陪臣でありながら旗本の格式を与えられていた家も存在する。

関連項目[編集]