霊仙院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

霊仙院(れいせんいん、寛永14年閏3月5日1637年4月29日) - 元禄11年12月10日1699年1月10日))は、江戸幕府3代将軍徳川家光の長女で、尾張藩徳川光友の正室。母は側室の自証院。名は千代姫(ちよひめ)。徳川家綱徳川綱重徳川綱吉の異母姉である。

生涯[編集]

寛永14年(1637年)閏3月5日に誕生、同年7月16日宮参りを行い、天海により「千代姫君」と命名された。寛永15年(1638年2月20日に徳川光友と縁組し、翌寛永16年(1639年9月21日に婚姻した。

慶安5年(1652年)に長男・綱誠(後の尾張藩主)、承応3年(1654年)に長女豊姫(早世)、明暦2年(1656年)に次男・義行(後の高須藩主)、万治元年(1658年)に次女直姫(早世)を生んだ。

側室所生の松平義昌陸奥国梁川藩主、生母は樋口信孝女)、松平友著(川田久保松平家当主、生母は鈴木氏)は千代姫の養子分となっている。

元禄11年(1698年)12月10日に62歳で死去し、増上寺に葬られた。戒名は霊仙院長誉慈光松月大姉。

死後[編集]

平成8年(1996年)に、徳川美術館所蔵の千代姫所用の婚礼調度(初音の調度及び他の調度、文書類)が国宝に指定された[1]

補足[編集]

家光の子女の中で家光の血筋を現在にまで伝えているのは女系の千代姫の血筋のみであり、第126代天皇徳仁[2]や多くの大名家や公家、旧皇族などにも繋がる。千代姫には3人の異母弟(家綱、綱重、綱吉)がいたが、家綱は死去時に実子がなく[3]、綱重の系統は孫の代で断絶[4]。綱吉には鶴姫徳川徳松の1男1女がいたが2人とも早世したため、家光の男系子孫は現存しない。

関ヶ原の戦いは東軍総大将の徳川家康と西軍の中心となった石田三成が覇権を争ったことで知られるが、千代姫にとって家康は曽祖父に、三成は高祖父に当たる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 国宝 初音の調 千代姫の嫁入り道具|企画展案内|徳川美術館
  2. ^ 千代姫-綱誠-吉通三千君二条宗基治孝九条尚忠道孝節子大正天皇皇后)-昭和天皇上皇明仁第126代天皇徳仁
  3. ^ 側室二人が家綱の子を身籠ったが、いずれも流産と死産であり、男子どころか女子にも恵まれなかった。
  4. ^ 江戸幕府第6代将軍で長男家宣の系統はその四男で第7代将軍家継1716年に死去したことで途絶え、次男清武の系統はその長男清方が1724年に死去し、清武も他に子女が無いまま同年に亡くなった為、断絶。
  5. ^ 三成-次女(岡重政室)-吉右衛門-お振の方(自証院)-千代姫

参考文献[編集]

  • 「御系譜」(『徳川諸家系譜2』)
  • 「幕府祚胤伝」(『徳川諸家系譜2』)