徳川徳松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳川 徳松(とくがわ とくまつ、延宝7年5月6日1679年6月14日) - 天和3年閏5月28日1683年7月22日))は、徳川将軍家の世嗣で上野館林藩主。江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男。母は小谷正元の娘・(瑞春院)。姉に鶴姫徳川綱教室)がいる。「徳松」は父・綱吉も名乗っていた幼名である。後述の通り、5歳という幼さで亡くなっているため、生母・瑞春院の身分が低く、元服した後のもなければ、官位もない。

延宝8年(1680年)5月、父が伯父の4代将軍家綱の継嗣となったため、2歳で家督(館林徳川家)を継いだ。同年11月27日に神田の父の屋敷から江戸城西御丸に移り、神田邸の家臣団も付き従った。他に松平忠冬堀田正英内藤重頼黒田直邦岡田俊陳稲垣重定本庄宗資堀田正休川勝隆尚らが徳松に仕え、老中板倉重種も徳松付の西の丸老中を兼ねた。

しかし天和3年(1683年)、5歳で夭折した。法名は浄徳院殿霊岳崇心大童子。墓所は東京都港区増上寺

七五三」の祝いは、天和元年11月15日にこの徳松の健康を願って行われた催しがその嚆矢といわれる。

参考文献[編集]