黒田直邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
黒田 直邦
Kuroda Naokuni.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 寛文6年12月27日1667年1月21日
死没 享保20年3月26日1735年4月18日
改名 三五郎(幼名)→直重(初名)→直邦
別名 六左衛門(通称)
戒名 竜光院殿宝岳義英大居士
墓所 埼玉県飯能市飯能の能仁寺
埼玉県飯能市の多峰主山(とうのすやま)
官位 従五位下、従四位下、豊前守、侍従
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行老中
主君 徳川徳松綱吉家宣家継吉宗
常陸下館藩主→上野沼田藩
氏族 中山氏黒田氏
父母 父:中山直張、母:黒田用綱の娘
養父:黒田用綱
兄弟 中山直好中山直道直邦都筑道定
直清
正室:柳沢吉保の養女(折井正利の娘)
繁丸(長男)、娘(松平忠暁正室)、
三千子(黒田直基正室のち黒田直純正室)、
娘(九鬼隆寛正室)、
娘(内藤政醇正室)、直亨
養子:直基直純

黒田 直邦(くろだ なおくに)は、常陸下館藩主、上野沼田藩の初代藩主。久留里藩黒田家初代。

生涯[編集]

寛文6年(1666年)12月27日、旗本中山直張の三男に生まれる。

館林藩家老の外祖父・黒田用綱の養子となり、徳川徳松の側近として仕えた。

延宝8年(1680年)、徳松の江戸城西の丸入りに伴って幕臣となる。月俸30口を与えられた。

天和元年(1681年)3月21日、蔵米300俵取りに改められる。徳松の早世に伴って一時小普請となるものの、その後小納戸役や小姓を登用されて、蔵米も増やされていく。

貞享4年(1687年)12月18日、従五位下豊前守に叙任される。

徳川綱吉に寵愛されて元禄9年(1696年)には7000石に加増され、元禄13年(1700年)1万石を領して大名に列する。

元禄16年(1703年)1月9日、5000石を加増されて、常陸下館を居所とする。

宝永元年(1704年)12月26日、従四位下に昇進する。

宝永4年(1707年)1月9日、5000石を加増される。

宝永6年(1709年)2月21日、綱吉の死去に伴い小姓を解任される。同時に江戸城の雁の間詰めとなり、黒田家の家格となる。

正徳2年(1712年)3月1日、初めてお国入りをする許可を得る。なお、翌年の二度目のお国入りに際しては『暇之記』という記録を残している。

享保8年(1723年)3月25日、奏者番に就任し、寺社奉行を兼任する。

享保17年(1732年3月、5000石を加増されて、下館から沼田に移封された。

享保17年7月29日、西の丸老中に就任し、武蔵国内で5000石を加増された。3万石を領することになった。同年12月15日、侍従に任官する。

「学を好み、欲のない人となりの良い人」というように、名君として賞賛された。荻生徂徠の弟子であり、為政者としての心構えを説いた『老話』、『治教略論』を著わすなど、著作も多い。

享保20年(1735年)3月26日、江戸で死去し、跡を養嗣子の直純が継いだ。

参考文献[編集]