松平武雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松平 武雅(まつだいら たけまさ、元禄15年(1702年) - 享保13年7月28日1728年9月2日))は、上野館林藩第2代藩主。越智松平家2代。

美濃高須藩主・松平義行の四男。母は側室・上月氏。幼名は新之助。初名は行高。官位は従五位下、肥前守。

元禄16年(1703年)8月14日生まれとも伝わる。義行には6人の男子がいたが多くは早世し、武雅だけが生き残った。

元服の際、父から偏諱を与えられて行高と名乗った。本来なら義行の世子となり、高須藩主になるはずであったが、義行は元禄14年(1701年)に本家から兄・徳川綱誠の十五男・万三郎(のちの松平義孝)を養子に迎えていたため、武雅は享保9年(1724年)、越智松平家松平清武の養子とされ、同年家督を相続し館林藩主となる。

享保13年(1728年)に27歳で死去した。法名は顕徳院。子女を残さなかったため養嗣子として常陸府中藩から武元が迎えられ跡を継いだ。