松平乗久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗久
時代 江戸時代前期
生誕 寛永10年2月20日1633年3月29日
死没 貞享3年7月17日1686年9月4日
改名 源次郎(幼名)→乗久
墓所 東京都港区愛宕の天徳寺
官位 従四位下和泉守宮内少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
上野館林藩主→下総佐倉藩主→肥前唐津藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平乗寿、母:赤城氏
兄弟 乗久乗政乗員増山正利正室、
松平乗親正室、小笠原長宣正室、貞安院ら
正室:水野忠善
忠尚乗春安乗明乗乗門乗清好乗乗重忠泰稲葉正相
松平近苗正室、松平乗包正室

松平 乗久(まつだいら のりひさ)は、江戸時代前期の大名上野国館林藩2代藩主、のち下総国佐倉藩主、肥前国唐津藩初代藩主。大給松平家宗家8代。官位従四位下和泉守宮内少輔

略歴[編集]

寛永10年(1633年)、館林藩主・松平乗寿の長男として誕生。承応3年(1654年)、父の死去により家督を継ぐ。このとき、和泉守から宮内少輔に遷任した。寛文元年(1661年)閏8月、下総佐倉へ移封され、延宝6年(1678年)1月23日に肥前唐津へ移封となった。

貞享3年(1686年)7月17日に江戸で死去した。享年54。跡を次男・乗春が継いだ。

系譜[編集]