増上寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
増上寺
Zojyoji.JPG
大殿の扁額
所在地 東京都港区芝公園四丁目7番35号
位置 北緯35度39分26.7秒
東経139度44分53.8秒
座標: 北緯35度39分26.7秒 東経139度44分53.8秒
山号 三縁山(さんえんざん)
宗派 浄土宗鎮西派
寺格 大本山
本尊 阿弥陀如来
創建年 明徳4年(1393年
開基 聖聡
正式名 三縁山 広度院 増上寺
札所等 江戸三十三箇所21番
文化財 三解脱門、紙本著色法然上人絵伝ほか(重要文化財)
徳川家霊廟
テンプレートを表示
大殿(本堂)
大門
東京タワーより境内を望む。中央が大殿。
焼失前の有章院霊廟

増上寺(ぞうじょうじ)は、東京都港区芝公園四丁目にある浄土宗の寺院。山号は三縁山。三縁山広度院増上寺(さんえんざん こうどいん ぞうじょうじ)と称する。

歴史[編集]

空海の弟子・宗叡武蔵国貝塚(今の千代田区麹町紀尾井町あたり)に建立した光明寺が増上寺の前身だという。その後、室町時代明徳4年(1393年)、酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)の時、真言宗から浄土宗に改宗した。この聖聡が、実質上の開基といえる。

中世以降、徳川家菩提寺となるまでの歴史は必ずしも明らかでないが、通説では天正18年(1590年)、徳川家康が江戸入府の折、たまたま増上寺の前を通りかかり、源誉存応上人と対面したのが菩提寺となるきっかけだったという。貝塚から、一時日比谷へ移った増上寺は、江戸城の拡張に伴い、慶長3年(1598年)、家康によって現在地のへ移された。

風水学的には、寛永寺を江戸の鬼門である上野に配し、裏鬼門の芝の抑えに増上寺を移したものと考えられる。

また、徳川家の菩提寺であるとともに、檀林(学問所及び養成所)がおかれ、関東十八檀林の筆頭となった。なお、延宝8年(1680年)6月24日に行われた将軍徳川家綱の法要の際、奉行の一人で志摩国鳥羽藩内藤忠勝が、同じ奉行の一人で丹後国宮津藩永井尚長に斬りつけるという刃傷事件を起こしている(芝増上寺の刃傷事件)。なおテレビドラマ水戸黄門・第17部においては、この一件が水戸光圀の旅立ちのきっかけとして描かれている(光圀の諸国漫遊はフィクション)。

また元禄14年(1701年)3月に江戸下向した勅使が増上寺を参詣するのをめぐって畳替えをしなければならないところ、高家吉良義央勅使饗応役浅野長矩に畳替えの必要性を教えず、これが3月14日の殿中刃傷の引き金になったという挿話が文学作品『忠臣蔵』で有名である。畳替えの件が史実であるかは不明。なお、長矩は内藤忠勝の甥である。

明治時代には半官半民の神仏共同教導職養成機関である大教院の本部となり大教院神殿が置かれた。のち明治7年(1874年)1月1日排仏主義者により放火される。徳川幕府の崩壊、明治維新後の神仏分離の影響により規模は縮小し、境内の広範囲が芝公園となる。

太平洋戦争中の空襲によって徳川家霊廟五重塔をはじめとした遺構を失う大きな被害を受けた。

東京タワーの建設時、増上寺は墓地の一部を土地として提供している。

なお、この付近の町名(芝大門)や地下鉄の駅名(大門駅)に使われている「大門」(だいもん)は、増上寺の総門のことを指す。現在の総門は昭和12年に作られた、コンクリート造のものである。

伽藍[編集]

  • 三解脱門(さんげだつもん、重要文化財 - 戦災をまぬがれた建物の1つで、元和8年(1622年)建立の二重門(重層で、各層に屋根が付く門)。この門をくぐると、三毒(3つの煩悩、即ち)から解脱できるとされる。内部には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されている。
  • 大殿 - 昭和49年(1974年)の再建。室町期の阿弥陀如来、脇仏に法然上人像、善導大師像がまつられている。
  • 安国殿 - 「黒本尊」といわれる室町時代の恵心僧都作とされる秘仏の阿弥陀如来をおまつりしている。徳川家康が崇拝し、当初は2尺6寸(約80cm)あった金色の立像であったが、長年の香煙により、黒ずんでしまった。正月15日、5月15日、9月15日にのみ御開帳され、「黒本尊」と墨書きされた御朱印がいただける。

徳川家霊廟[編集]

増上寺には、徳川将軍15代のうち、6人(秀忠家宣家継家重家慶家茂)が葬られている。

第二次世界大戦前には台徳院(秀忠)霊廟崇源院(秀忠夫人)霊牌所、文昭院(家宣)霊廟有章院(家継)霊廟が旧国宝(建造物)に指定されており、その壮大さは日光東照宮に引けを取らないものだったが、昭和20年(1945年)に2度の空襲があり3月10日に北廟68棟が被災、続く5月25日に南廟28棟が被災し、その建造物群のほとんどを焼失した。現在は台徳院霊廟の門4棟と、有章院霊廟二天門、文昭院霊廟奥院中門(鋳抜門)を残すのみであり、それらも現在は私有であり管理もままならず保存状態の悪さが目立つ。

焼け残った建築のうち以下のものが重要文化財に指定されている。

  • 台徳院霊廟 惣門(芝公園・ザ・プリンスパークタワー東京内)
  • 台徳院霊廟 勅額門、丁字門、御成門(以上3棟はホテル建設に際し、埼玉県所沢市狭山山不動寺西武ドーム前)に移築されている)
  • 有章院霊廟 二天門(芝公園・東京プリンスホテル内)柵で仕切られているが、塗装も随所に剥げ落ち老朽化が激しい。

これらの霊廟に祀られていた遺体は、昭和33年(1958年)調査発掘され、その後桐ヶ谷斎場にて火葬された。墓所は安国殿裏手に移転している。現在の増上寺徳川家墓所の入口の門は、もと文昭院霊廟の奥院の宝塔前中門だったもの。霊廟跡地は、東京プリンスホテル(文昭院、有章院等)、ザ・プリンスパークタワー東京(台徳院、崇源院等)となっている。秀忠夫人の旧崇源院霊牌所の一部が1647年鎌倉建長寺に建替えのため移築され現存する。

増上寺に隣接する芝東照宮は、元は家康を祀る増上寺安国殿であったが、神仏分離令の折に独立し神社化された。安国殿は増上寺の中で有力な支院で寺は反対したが、独立を阻止できなかった。

霊廟の被葬者は下記の通り(現在)。

  • 2代将軍秀忠夫妻(台徳院・崇源院):台徳院宝塔は戦災で焼失したため、崇源院宝塔(石塔)に合祀されている。門より向かって右最奥部にある。
  • 6代家宣夫妻(文昭院・天英院):青銅製、入口より向かって左最奥部にある。
  • 7代家継(有章院):石塔、入口より向かって右・秀忠夫妻墓の手前。
  • 9代家重(惇徳院):石塔、家継墓の手前。
  • 12代家慶(慎徳院):石塔、入口より向かって右最前部。
  • 14代家茂(昭徳院):石塔、入口より向かって左・家宣夫妻墓の手前。
  • 家茂夫人和宮(静寛院):青銅製、家茂墓の手前。
  • 合祀塔:石塔、入口より向かって左最前部。家宣の父・綱重(清揚院)、5代綱吉の生母・桂昌院、11代家斉の正室・広大院、13代家定の正室・天親院、家宣の側室・月光院、家斉の側室・契真院、家慶の側室である見光院殊妙院
    その他計35名の将軍家ゆかりの子女が合祀されている。合祀以前はそれぞれ宝塔・墓が独立していた。現在の合祀塔は、もとは月光院に在った。  

文化財[編集]

芝公園絵はがき(大正時代)

重要文化財[編集]

他に旧国宝建造物の開山堂があったが、五重塔などと共に第二次世界大戦で焼失した。

重要文化財の台徳院霊廟惣門と有章院霊廟二天門は増上寺の所有ではない。

東京都指定有形文化財[編集]

歴代法主[編集]

()内は何代目かを記す

  • 酉譽聖聡(1)→聡譽酉仰(2)→音譽聖観(3)→隆譽光冏(4)→天譽了聞(5)→僧譽知雲(6)→親譽周仰(7)→杲譽天啓(8)→道譽貞把(9)→感譽存貞(10)→雲譽円也(11)→源譽存応(12)→正譽廓山(13)→桑譽了的(14)→円譽潮竜(15)→深譽伝察(16)→照譽了学(17)→定譽随波(18)→登譽知童(19)→南譽雪念(20)→業譽還無(21)→暁譽位産(22)→遵譽貴屋(23)→本譽路白(24)→頓譽智哲(25)→森譽歴天(26)→乗譽珂天(27)→広譽詮雄(28)→信譽巌宿(29)→生譽霊玄(30)→流譽故岩(31)→貞譽了也(32)→詮譽白玄(33)→証譽雲臥(34)→湛譽門周(35)→顕譽祐天(36)→松譽詮察(37)→演譽白随(38)→学譽冏鑑(39)→衍譽利天(40)→通譽頓秀(41)→尊譽了般(42)→走譽連察(43)→門譽覚瑩(44)→成譽大玄(45)→妙譽定月(46)→歓譽弁秀(47)→典譽智英(48)→豊譽霊応(49)→便譽隆善(50)→現譽満空(51)→統譽円宣(52)→嶺譽智堂(53)→倫譽念海(54)→熏譽在禅(55)→教譽典海(56)→騰譽実海(57)→空譽舜従(58)→宝譽顕了(59)→宝譽顕了(60)→功譽念成(61)→明譽徳翁(62)→瑞譽巨東(63)→梵譽密賢(64)→章譽智典(65)→冠譽慧厳(66)→闡譽教音(67)→等譽明賢(68)→石井大宣(温譽)(69)→福田行誡(立譽)(70)→日野霊瑞(鳳譽)(71)→吉水玄信(馨譽)(72)→日野霊瑞(鳳譽)(73)→義応(交譽)(74)→野上運海(竟譽)(75)→山下現有(孝譽)(76)→堀尾貫務(安譽)(77)→山下現有(孝譽)(78)→道重信教(澄譽)(79)→岩井智海(願譽)(80)→大島徹水(清譽)(81)→椎尾弁匡(性譽)(82)→大野法道(徹譽)(83)→藤井実応(明譽)(84)→中村康隆(心譽)(85)→藤堂恭俊(仁譽)(86) →成田有恒(超譽)(87) →八木季生(戒譽)(88)
  • ※59世と60世、71世と73世、76世と78世は同一人物。

関連項目[編集]

2011年から2012年にかけての年越しの様子

アクセス[編集]

外部リンク[編集]