感誉存貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

感誉存貞(かんよぞんてい、感譽存貞、1522年大永2年)3月 - 1574年6月7日天正2年5月18日))は浄土宗増上寺の第10代法主となり檀林の掟制三十三条を定めた他、大長寺など、各地に浄土宗の寺院を建立した。

略歴[編集]

感誉存貞は後北条氏重臣、大道寺政繁の甥で小田原に生まれた。小田原の伝長寺で出家した後、弘経寺で修行する。修行後は小田原に戻り伝肇寺の住職となった。

感誉存貞は北条一族の信仰を集め、1548年天文17年)には北条綱成開基により、東郡岩瀬村(現在の鎌倉市岩瀬大長寺を建立。翌1549年(天文18年)には大道寺政繁の母、「蓮馨」の開基により、川越蓮馨寺を建立するなど多数の寺を開いた。

1563年(永禄6年)、増上寺に移り法主となる。増上寺では檀林の整備を行った。

1566年(永禄9年)、増上寺の法主を大長寺二代目住職雲誉円也に譲り、地方を放浪した。1574年(天正2年)に大長寺へ戻り、同年5月18日に死んだ。

感誉存貞開山と伝わる寺院[編集]

  1. 大長寺(現鎌倉市岩瀬) 開基:北条綱成 創建:1548年(天文17年)
  2. 蓮馨寺(現川越市連雀町) 開基:蓮馨(大道寺政繁の母) 創建:1549年(天文18年)
  3. 馬蹄寺 (現上尾市) 開基:不明 創建:天文年間
  4. 見立寺(現川越市) 開基:大道寺政繁 創建:1558年(永禄元年)
  5. 安養寺(現長野市青木島町)開基:武田信玄 創建:1567年永禄10年)
  6. 大蓮寺(現川越市元町) 開基:蓮馨(大道寺政繁の母) 創建:1567年(永禄10年)
  7. 小林寺(現上尾市小敷谷) 開基、創建年代不明
  8. 清戸長命寺(詳細不明)

参考文献[編集]