墓地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本、小豆島西光寺の墓地

墓地(ぼち)または墓場(はかば)とは、亡くなった遺体遺骨埋葬されている場所。

定義[編集]

イギリス、ノースハンプシャー州のアシュビー城の墓地

英語で墓地を意味する cemetery という言葉は、ギリシア語κοιμητήριον (眠る場所)、つまりそこに死者永遠の眠りについている場所を暗示する言葉に由来している。 墓地は、西ヨーロッパ諸国では故人の葬儀の最後の儀式が執り行われる場所でもある。こうした儀式、もしくは祭礼は、文化信仰宗派によってもかなり異なってくる。墓地はその設けられる場所により、それ以外のところにある墓地とはかなり区別されるものになってくる。墓地は通常は礼拝の場所、つまり教会礼拝堂に直接隣接するものではない。もちろん、文化にもよるわけであるが。たとえば、英語で言う graveyard (墓所)というものは、たいていは churchyard (教会の中庭)に設けられている。スコットランドやイングランドでも北部では kirkyaird という。churchyard というのは、もともとは文字通り教会の前の中庭であって、直ちに墓所に結びつくものではなかった。たえば、哲学者セーレン・キルケゴールのラストネームは、やはりデンマーク語で「墓地」のことであると、しばしば誤解されているのもその例である。実際には教会に附属する周辺の農牧地(-gaard, 英語の garden の原義である「囲い地」の意に近い)を意味する。

歴史[編集]

およそ17世紀頃からヨーロッパでの葬儀は、教会の統制の下に、主として教会の敷地の中で行われるようになってきた。その仕来たりは時代と共に変化はしてきたが、ヨーロッパ大陸では遺体は、それが腐敗するまで、通常そのまま大規模な墓の中に埋葬されていた。遺体が腐り果てると、掘り起こして納骨堂に収められた。でなければ、墓所の側面のアーチを描くような壁に沿って並べられるか、あるいは教会の壁の背後、もしくは床の厚い石板の下に納められた。

その後、中世の時代、都市の城壁の内部に遺体を埋葬することは、伝染病の蔓延につながり公衆衛生上深刻な問題となった。結局、いくつかの墓地は、人口の密集した都市の中心部から引き離されることになった。たとえば、18世紀後半、パリの大きな墓地から掘り起こされた遺骨は、パリのカタコンブの中の納骨堂に移され、墓地は、都市中心部では一切禁じられることになった。

ハバナの墓地

教会や教会付属の墓地とは無関係の墓地管理会社や共同墓地の類は、大多数が19世紀初頭から出現してくる。特に眺望がよく、公園のような霊園というかたちで、既にその時期から誕生してきている。ただし、墓地解放運動は、既に1740年頃からその動きがでてきている。

空間的に風景となるような様式の墓地の最も初期の例は、パリのペール・ラシェーズ墓地である。これは教会によって統制された墓地というよりも、国家の墓地という理想を体現したもので、ナポレオン戦争の拡大と共にそのスタイルはヨーロッパ中に広まっていった。これはまた時には民間業者によって開発された墓地にもこのスタイルが採用された。

共同墓地や民間業者による墓地への移行は、都市の外での埋葬するための土地開発と相俟って進行した。

マドリードでは飽和状態になった墓地の掘り起こしにより、新たな場所が作られている

墓地は一般に厳かな敬意を以って見られる場所であるが、しばしばそこには礼拝堂のような宗教的施設も付属した。時には火葬場が併設されることもある。墓の盗掘やそうした宗教施設への盗みは、重い罪とされている。

墓地の様式は国によってもかなり変化してきている。たとえば、アメリカ合衆国や多くのヨーロッパの国々では、新しい墓地は広い場所に数多くの墓石が地面に並んでいる。ロシアでは、普通小さく囲まれた家族の墓所の中に墓石が置かれる。もっともこうした風習はアメリカでもその初期の時代にはごく普通のことだったようで、古い墓地に行くと同様のものを見ることが出来る。

都市部の墓地では、特に歴史のある古い都市では新たな問題が生じてきている。墓地自体が、手狭になり、もう空間的に飽和状態で、新しい墓を作ることが出来ないというケースである。これは、この墓地自体をもはや歴史的記念碑と考え、そのままの状態であとは保存するのみとするか、あるいは古い無縁墓を掘り起こして、ひとつに整理して場所を空けるということである。これは国により、風俗慣習により対処の仕方は両極端に分かれていく。日本では、納骨堂やビル型墓地などの建物内に納骨し、カードなどで利用者照合し骨壺を運ぶ仕組みを採用している所もある[1][2][3]南米ブラジルでは、墓地自体を高層ビル化したというような例もある。

家族の墓地[編集]

ノースハンプシャー州の幼児の墓

今日ではあまり馴染みのないことであるが、アメリカの植民時代には家族の墓地というのもごく当たり前のことであった。共同墓地や宗教的な墓地というものがまだ根付かなかった時代、植民者たちはささやかに土地を見つけて、普通自分たちの住む土地に隣接した木立の中に家族の墓地を作った。時には複数の家族が自分たちの亡くなった家族を一緒に埋葬した。こうした場所がその後大きくなって墓地のかたちをなしていく。しかし、家族が亡くなってしまったり、他に移動したりするとそうした墓地は忘れられていく。辺地の過疎化し、廃村となったような村のはずれの墓地には同様のケースが見られる。

もっと新しい時代になってからも大きな地所をもった一族の中には自分たちの敷地内に霊廟遺骨安置所のようなものを立てているケースもなくはない。フォーリングウォーターの遺骨安置所は、その最たる例である。ただ今日では、遺体を埋葬するに当たっても、さまざまな法律の規制がかかるようになり、そう簡単に自分の土地だからといってもおいそれと埋葬するわけにはいかない。たとえ不可能ではないにせよ、家族だけの墓地を自分たちの敷地であったとしても、なかなか厳しくなってきた。

ネット墓地[編集]

近年、お墓まで遠い、動けない、高齢者を中心にネット墓地が広まりつつある。日本においてもサービスを始めている企業がある。また、海外では日本以上にネット墓地は一般的になりつつある。[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]