ジェイン・ジェイコブズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイン・ジェイコブズ(1961年)

ジェイン・ジェイコブズJane Butzner Jacobs, 1916年5月4日 - 2006年4月25日)は、アメリカ合衆国の女性ノンフィクション作家・ジャーナリスト。郊外都市開発などを論じ、また都心の荒廃を告発した運動家でもある。最も反響を呼んだ著作は『アメリカ大都市の死と生』(1961年)であり、『都市の経済学』(1986年)と並び都市計画研究の重要な古典となっている。『壊れゆくアメリカ』(2004年)が遺作となった。

略歴[編集]

米国ペンシルベニア州スクラントン生まれ。ジェイコブズは1933年高校を卒業。地元の商業学校で速記を学んだ後、就職する。

最初に就いたのは、貿易雑誌の秘書で、やがて編集者となった。ヘラルド・トリビューン日曜版にも多くの記事を書いていた。後に戦争情報室(en:Office of War Information)の記者になった。1944年建築家ロバート・ハイド・ジェイコブズと結婚、二人の息子がいる。

高速道路の急速な建設への反対運動や、都市の再開発に対する問題提起が、ジェイコブズの生涯のテーマであった。ニューヨークグリニッチ・ヴィレッジに住んでいた当時、道路建設、再開発の計画が公表されると反対運動の先頭に立ち、ローワーマンハッタン高速道路の建設が中止になった1962年には反対合同協議会の議長を務めていた。この計画は再び持ち上がり、ジェイコブズは1968年4月10日逮捕されている。

1969年カナダオンタリオ州トロントに移住、スパディナ高速道路(Spadina Expressway)の建設に反対している。この頃、デモンストレーション中に2度逮捕されている。

ジェイコブズは、州都トロントは、オンタリオ州より強く独立性を持つべきと主張している。1997年にはトロントが「Jane Jacobs: Ideas That Matter」という会議を開いている。これはジェイコブズの著書のタイトルから取っている。会議の最後に、ジェイン・ジェイコブズ賞が創設され、トロントのバイタリティーに貢献した人に贈られている。

アンソニー・フリント『ジェイコブズ対モーゼス ニューヨーク都市計画をめぐる闘い』(渡邉泰彦訳、鹿島出版会、2011年)は、第二次世界大戦前後より30年以上、以上ニューヨーク州・市の都市計画に大きな権限があったロバート・モーゼスとの、環境保全をめぐる闘いの記録である。

アメリカ大都市の死と生[編集]

ジェイコブスはアメリカの大都市が自動車中心になり、人間不在の状況になっていることに疑問を持ち、1961年に近代都市計画を批判する著書『アメリカ大都市の死と生』(The Death and Life of Great American Cities)を刊行して、反響を呼んだ。

ジェイコブスの挙げる例によると、ボストン市内にイタリア移民が多く住む地区(都市計画家から見れば再開発の対象となる地区)があるが、ここではほとんど犯罪が起こっていない、一方ボストンの郊外でも犯罪が多発している地区がある。ジェイコブスは、安全街路の条件として、常に多数の目(ストリートウォッチャー)が存在していることなどを指摘している。

都市が多様性を持つための条件として、ジェイコブスは次の4つを指摘した。

  1. 混用地域の必要性
    一つの地域を住宅地やオフィス街など単一の用途に限定させず、2つ以上の機能を持つべきである。これは近代都市計画の単調なゾーニングに対する批判である。
  2. 小規模ブロックの必要性
    いくつものルートが利用できることで、そのつど新しい発見がある。大規模開発によるスーパーブロックへの批判である。
  3. 古い建物の必要性
    新しい建物ばかりでは、儲けの多い事業しか存在できなくなってしまう。再開発により一気に街が更新されてしまうことへの批判であり、古い建物も残した多様な都市をイメージしている。
  4. 集中の必要性
    高い人口密度で、子供、高齢者、企業家、学生、芸術家など多様な人々がコンパクトな都市に生活するべきである。

多様性は魅力的で活力のある都市の条件であるが、従来の都市計画ではまったく顧みられなかったとして、ル・コルビュジエ輝く都市など、機能優先の近代都市計画の理念を批判した。

ジェイコブズの影響と批判[編集]

ジェイコブズの影響は広い範囲で認められ、一般には、20世紀後半の都市計画思想を一変させたといわれる。近年の創造都市論の源流とも考えられている[1]。創造階級論のリチャード・フロリダも、ジェイコブズに深い影響を受けている[2]。日本では、塩沢由典の『関西経済論』がジェイコブズの思想を地域の経済発展を考えるベースとしている[3]

ジェイコブズへの批判としては、実行可能性がなく、また、開発者と政治家による政治を無視していると言われている。これらの批判に対し、ニューヨークデトロイト市1960年代スプロール化が進行したことを例にして反駁している。

ロバート・ソローは、著作「経済の本質」への書評[1]で、ジェイコブズの批判対象についての無知と、きちんとした既存の資料を調査検証なしに、少数の逸話を過度に一般化する傾向について強く論難している。

著作[編集]

  • The death and life of great American cities, Vintage Books, 1961.
『アメリカ大都市の死と生』 黒川紀章訳(抄訳、鹿島出版会、1969→同:SD選書、1977)
『アメリカ大都市の死と生』山形浩生訳(全訳、鹿島出版会、2010)
  • The economy of cities, Random House, 1969.
『都市の原理』 中江利忠加賀谷洋一訳 (鹿島出版会、1971→新版 SD選書、2011)
  • The question of separatism: Quebec and the struggle over sovereignty, Random House, 1981.
  • Cities and the wealth of nations: principles of economic life, Random House, 1984.
『都市の経済学-発展と衰退のダイナミクス』 中村達也・谷口文子訳(TBSブリタニカ 1986)。再刊:中村達也訳『発展する地域 衰退する地域/地域が自立するための経済学』ちくま学芸文庫、2012、解説:片山善博塩沢由典
  • The girl on the hat, Oxford University Press, 1989.
  • Systems of survival: a dialogue on the moral foundations of commerce and politics, Random House, 1992.
『市場の倫理 統治の倫理』香西泰訳 (日本経済新聞社、1998→日経ビジネス人文庫、2003)
  • The nature of economies, Random House Canada, 2000.
『経済の本質-自然から学ぶ』香西泰・植木直子訳 (日本経済新聞社、2001)
  • Dark age ahead, Random House, 2004.
『壊れゆくアメリカ』 中谷和男訳 (日経BP社、2006)

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木雅幸『創造都市への挑戦』岩波書店、2001.
  2. ^ リチャード・フロリダ『クリエイティブ資本論』2005、『クリエイティブ・クラスの世紀』2001.
  3. ^ 塩沢由典『関西経済論/原理と議題』晃洋書房、2010.