住宅造成地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
住宅造成地

住宅造成地(じゅうたくぞうせいち)とは、主に複数の住宅地団地などの立地及び立地可能な土地販売を目的とした土地を造成したものを指す。

一般的には、山林を削る、を埋めるなど行為により平坦な土地を造成する事により複数の住宅を建てることが可能となる土地の事で、上下水道電気などのライフラインなどの整備も行われている。

問題点[編集]

住宅造成地は、自然に形成された地形を人工的に形成するため様々な問題点を孕んでいる。この為、土地改良事業などを行うことによりこれらの問題を回避している。

  • 地盤沈下 - 沼地、田、川原などを埋め立てた際に起こりやすい。
  • 崖崩れ

新地名[編集]

造成地には、土地の販売を有利にするため新しい地名に類する名前が付けられることが多い。また後に地名として採用される場合もある。台、丘など高台を意味するものが多い(ただし、必ずしも高台と限らない)。

植物に関する物
天文に関する物
その他

おもな住宅造成地[編集]

広島市


鹿児島市

関連項目[編集]