ゲーテッドコミュニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルゼンチンブエノスアイレス近郊のゲーテッドコミュニティ
ゲーテッドコミュニティのゲートの例(パラダイスヴィレッジ・ビーチリゾートアンドスパ メキシコナヤリット州ヌエボ・バジャルタ)

ゲーテッドコミュニティ (Gated community) とは、ゲート()を設け周囲を塀で囲むなどして住民以外の敷地内への出入りを制限することで通過交通の流入を防ぎ、また防犯性を向上させた住宅地を指す。ゲーテッドコミュニティという概念自体は目新しいものではなく、以前から租界米軍ハウス等があり、再定義したに過ぎない。日本においては、ゲーテッドタウン[1]やゲート・コミュニティ[2]とも表記される。

概要[編集]

住宅地の周囲を高い塀で囲ってしまい、ゲート(検問所付きの遮断機や門扉)を設けて出入りを制限しているのが最大の特徴である。施設内に入るために、写真付きの居住者証明書によって住人として登録されていなければならないところもある。1980年ごろに欧米で登場した[3]。現在では約5万箇所あるとされる[4]ブラジルではゲーテッドコミュニティが最も広く普及している。

日本では2000年代初頭から大都市を中心に登場した[4]大規模マンションでゲーテッドコミュニティの形をとるものもある。しかしながら、地域が分断されるなどとして周辺住民が反対運動を起こすケースもみられる[1]。なお、法律により公道を占有することが禁止されているため、公道を含んだ形のゲーテッドコミュニティを作ることはできない(コミュニティ内部は全て管理組合の所有する私道であること)。

利点[編集]

乗り越え阻止のためにスパイクが植えられた厳重な塀の例(イギリスロンドン

次のような利点が挙げられている。

  • 外部からの侵入者を制限できる為、治安が向上する。それにより、不動産の資産価値が上昇する。
  • 全体で管理することで、個々に警備を行うよりも、警備コストを削減できる。
  • 連帯感のあるコミュニティが形成しやすい。
  • 警備員のパトロールや監視カメラが設置されているコミュニティ内は、警察官が巡回する必要がなくなる。

問題点[編集]

住民以外の出入りが制限されているため、地域が分断される。そのため、以下の問題点が危惧される。

  • ゲーテッドコミュニティ内に引きこもる住民が出てくる。
  • 住民が、ゲーテッドコミュニティ外のことについて無関心になる。
  • 住民が、ゲーテッドコミュニティ内で犯罪行為をしても発覚しにくい(特に、コミュニティ全体が犯罪行為に関わっている場合)。

ゲーテッドコミュニティ例[編集]

インドムンバイを州都とするマハーラーシュトラ州第2の都市、プネーの近郊に造られた計画都市「マガルパッタ・シティ」は、約120人の農民が土地を出し合って共同経営組織を作り、マハーラーシュトラ州政府の援助を受けて完成した、ゲーティッド・コミュニティー。

バンガロールには2000年代初頭に、貧富の差と不完全なインフラ整備からなる劣悪な住環境の改善を目指した、インド初のゲーテッドコミュニティも出現している。

ミャンマーラインタヤ郡区南西部にはFMIシティやプン・ライン・ガーデン・レジデンスなどの富裕市民やエリートが居住するゲーテッドコミュニティがある。

アメリカ合衆国ではネバダ郡 (カリフォルニア州)のレイクワイルドウッドや レイク・オブ・ザパインズ、ヒルトンヘッドアイランド (サウスカロライナ州) #ゲーテッドコミュニティなどや、次の通り幾つかある。

ホットスプリングス (アーカンソー州)の北約17kmには、全米最大のゲーテッドコミュニティで、人口統計上は国勢調査指定地域(CDP)となっているホットスプリングスビレッジが立地している。

ジョージタウン郡 (サウスカロライナ州)では集合住宅がリッチフィールドの海岸線に並び、ドボーデューがゲーテッドコミュニティ。

ゴリータ (カリフォルニア州)のアメリカ国道101号線の北は1950年代後半から1970年代に建てられた住宅地区であり、これに新しい集合住宅や幾つかのゲーテッドコミュニティが混じる。

サンホアキン・バレーのカーズフィールドはかつてブームに弾ける石油の町だったが、ロサンゼルスに住んでいた企業経営者や通勤者が大量に流入、百万ドルクラスの家を含むゲーテッドコミュニティがその郊外にできるまでになった。

ボカラトンにはフォーブスによれば、アメリカ合衆国でも最も費用の掛かるゲーテッドコミュニティ10カ所のうち3カ所、第1位のロイヤルパーム・ヨット・アンド・カントリークラブ、第6位のザ・サンクチュアリー、第8位のル・ラックがある。

コーアチェラ・バレーには大半がゲーテッドコミュニティであるインディアンウェルズがあり、アメリカ合衆国の小さな町の中でも一人当たり収入が最大級である。

ミュリエル・ヴァンダービルトがフロリダ州マリオン郡に所有していた馬牧場は現在グレイストーン空港のゲーテッドコミュニティの外側のJumbolair の一部となっている。

ビバリーヒルズにもイタリア風ヴィラのように街を一望できる丘の上に立つゲーテッドコミュニティがある。

ミネソタ州セントポール郊外にあるノース・オーク市(North Oaks, Minnesota)はかつて市全体がゲーテッドコミュニティであり、部外者の進入を認めるようになった今も全域が住宅購入者の私有地である

ポイントロバーツ (ワシントン州)ではアメリカ合衆国の他地域に行く場合には国境を2回通過する必要があるので、「アメリカで最良のゲーテッドコミュニティ」と呼ぶ者もいる。

アメリカ領ヴァージン諸島にあるウォーター島の東側およそ3分の1は、ゲーテッドコミュニティであるスプラット・ベイ・エステート (Sprat Bay Estates) が占めている。

アルゼンチン・ブエノスアイレス州にあるパルティードエセイサ (パルティード)(Partido de Ezeiza)は、周辺地域を含め富裕層が多く住んでおり、多くのゲーテッド・コミュニティを有する。


日本のゲーテッドコミュニティの例として以下のようなものがある[1]

−住宅地型−

−集合住宅型(数棟のマンションが建つ敷地自体をゲート化)−

  • 東京テラス(東京都世田谷区
  • グローリオ蘆花公園(東京都世田谷区)
  • 広尾ガーデンフォレスト(建設中)(東京都渋谷区

歴史的には明治時代に外国人居留地があり、第二次世界大戦後は占領軍居留地、現在も在日米軍基地や米軍ハウスが各地に存在する。また神山国際村高山国際村のように外国人だけの会員制避暑地も存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 村島有紀 「ゲーテッドタウン――「安心」「分断」渦巻く賛否」『産経新聞』 2008年9月1日付朝刊、第12版、第17面。
  2. ^ ファインコート自由が丘三井不動産レジデンシャル、2007年4月27日付ニュースリリース。
  3. ^ 学校を核とした住宅市街地整備の推進に関する調査報告書財団法人国土技術研究センター、2003年。
  4. ^ a b 「2030年 第4部 都市はもちますか (3) 」 『産経新聞』 2009年12月1日付朝刊、東京本社発行15版、23面。

参考文献[編集]